【ヨネックス】「大坂なおみ」効果だけではない独自の強みを発揮

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

漁具でスタートしたヨネックス

ヨネックスの歴史は、戦後まもない1946年に米山稔氏が新潟県三島郡塚山村(現・長岡市)で創業した「米山木工所」にさかのぼる。1950年代半ばまでは主に漁業用の木製浮きを製造していたが、漁業の技術革新で木製浮きの需要は激減。1957年に木製品の バドミントンラケットの製造に転換すると、これが当たった。

1958年には丁寧な製品づくりと安い労働力を武器に輸出が急増する。1963年には貿易会社のヨネヤマスポーツ(現・ヨネックス海外営業部)を設立。同時に高度経済成長に伴い国内でもスポーツ用品への需要が高まり、工場の拡張や営業体制の構築にも取り組んだ。

1974年に「ヨネックススポーツ」へ社名変更し、現在の主力製品となるテニスラケット製造に力を入れる。1982年には現在の「ヨネックス」に改称。ゴルフ市場に再参入し、ゴルフクラブやウェアの製造を始める。

バブル経済崩壊後の1995年に スノーボード市場に参入。2011年には Jリーグの柏レイソルとユニフォームサプライヤー契約を結び、初めてチームスポーツとしてサッカー市場の開拓にも乗り出す。2014年にはスポーツサイクル(自転車)市場に参入するなど、総合スポーツ用品メーカーとしての基盤を固めた。特にトライアスリート向けのロードバイクフレームは新潟県長岡市にある自社工場で、すべて一貫製造しており、価格が70万円の高級製品となっている。

ヨネックスの2018年3月期の年間売上高は621億8800万円、当期純利益は18億6300万円。海外大手の米ナイキ(年間売上高4兆192億1600万円、当期純利益2034億5600万円)や独アディダス(同2兆6882億9600万円、同1389億8900万円)はもちろん、国内のスポーツシューズ・ウェア大手のアシックス(同4001億5700万円、同129億7000万円)、自転車部品や釣具を手がけるシマノ(同3358億円、同384億4300万円)と比べても、企業規模は小さい。

主要スポーツ用具メーカーの売上高と当期純利益(単位:100万円)

国籍 メーカー名 決算 売上高 当期純利益
日本 ヨネックス 2018/03 62,188 1,863
アメリカ合衆国 Nike Inc 2018/05 4,019,216 213,456
ドイツ adidas AG 2017/12 2,688,296 138,989
フランス Kering SA 2017/12 1,961,006 226,233
アメリカ合衆国 VF Corp 2017/12 1,324,749 68,970
香港 Yue Yuen Industrial (Holdings) Ltd 2017/12 1,023,065 58,237
アメリカ合衆国 Under Armour Inc 2017/12 558,173 -5,413
ドイツ Puma SE 2017/12 524,014 17,206
日本 アシックス 2017/12 400,157 12,970
フィンランド Amer Sports Oyj 2017/12 340,212 11,821
日本 シマノ 2017/12 335,800 38,443


M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【BNPパリバ】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<6>

【BNPパリバ】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<6>

2018-04-15

外資系金融機関を知るシリーズの第6回はフランス発祥の世界的な金融グループの「BNPパリバ」。ユーロ圏はもちろん、米国、アジアでもその地位を確立しています。日本での歴史は幕末にさかのぼります。世界屈指のテニススポンサーとしてもおなじみですね。