冷え込みが増すにつれ、朝の布団から抜け出すのがつらい毎日。布団といえば、「西川」の名前が思い浮かぶが、その西川が再結集することになった。西川産業(東京都中央区)、西川リビング(大阪市)、京都西川(京都)の寝具メーカー3社が2019年2月1日に合併し、「西川」として新たにスタートする。「ムアツふとん」で知られる昭和西川(東京都中央区)は合併に加わらない。この機会に、知っているようで、知らない西川を整理してみると。

東京・大阪・京都の「西川」が一つに

新会社のロゴマーク

西川3社が合併して発足する「西川」の社長には西川産業の西川八一行(やすゆき)社長が就く。本社は西川産業の現本社に置く。3社は戦前まで「西川甚五郎商店」として同一企業だったが、その後、別法人になった経緯があり、今回約80年ぶりに元の鞘に収まる形だ。

西川は450年を超える歴史を持ち、戦国時代にさかのぼる。1566年に初代西川仁右衛門が近江国(現在の滋賀県)で蚊帳・生活用品の取り扱いを始めた。織田信長が桶狭間の戦いで勝利を収めたのはこの6年前のことだ。

1615年に江戸・日本橋に出店。幕府公認の蚊帳問屋に指定され、財をなした。1750年に京都に京店を、1876年に大阪店を開店した。寝具事業に本格参入したのは明治以降。1941年に支店だった京(京都)店と大阪店がそれぞれ「京都西川」「大阪西川」として独立し、今日にいたる。

本家本丸の西川甚五郎商店は戦後の混乱期の1947年に解体し、この際に西川産業などが誕生した。西川産業は通称の「東京西川」で呼ばれることが多い。大阪西川は2004年に西川リビングに社名変更した。

西本産業は「エアーAiR」「整圧敷きふとん」などマットレスの看板商品を持つ。西川リビングは羽毛布団「ロイヤルスター」、京都西川は「ローズ」ブランドの羽毛布団で高い知名度を誇る。

立ち位置を異にする昭和西川

ここでお気づきかもしれないが、同根ながら、立ち位置を異にするのが昭和西川だ。ロゴも独自のものを使っている。同社は1942年に西川甚五郎商店の製造部門として設立された昭和寝具工業が始まりで、1968年に現在の昭和西川に社名変更した。宇宙ロケットの卵型をヒントに開発したロングセラー商品「ムアツふとん」(1971年発売)でおなじみだ。

付け加えれば、東京にある「日本橋西川」は小売業を営む株式会社西川の店舗。ややこしいが、来年2月に3社合併で発足する新会社の正式名は西川株式会社だ。大阪には西川リビングから枝分かれし、小売りを専門とする心斎橋西川がある。

合併のメリットをどう引き出す?

寝具業界を取り巻く環境は人口減少やネット販売の拡大など多様化する販売チャンネルでの競争激化など厳しい状況が続いている。一方で、良質な睡眠に対する関心は一層高まりを見せている。

こうした中、西川3社が勝ち残りに向けて選択したのが合併による再結集の道。親子関係を形成する子会社化と異なり、合併は組織が一本化するため強力な結合関係を築けるのが利点とされる。ただ、合併につきものである旧社意識が出過ぎるようでは統合のシナジー(相乗効果)がおぼつかないだけに、新生・西川のかじ取りが要注目だ。

文:M&A Online編集部