ユニクロに勝訴し今月上場する「アスタリスク」ってどんな会社?

alt

「まるで『下町ロケット』!」と話題になったアスタリスク<6522>が2021年9月30日に東証マザーズへ上場する。同社は衣料専門店チェーンのユニクロやGUを展開するファーストリテイリング<9983>と特許係争中だ。

ユニクロの新レジで特許係争に

問題になったのはユニクロに設置したセルフレジ。レジの窪みになった部分に商品を置くだけで、商品に付けたRFID(電波を用いてICタグの情報を非接触で読み書きする自動認識技術)タグを自動で読み取って精算できる。

アスタリスクは、このセルフレジシステムが2019年1月に登録した自社特許を侵害したとファーストリテイリングを相手取り、同9月に特許権侵害行為差し止めの仮処分を東京地裁に申し立てたのだ。

先に「ケンカを売った」のはファーストリテイリングだった。実は両社の間に取引があり、アスタリスクは下請け。ユニクロに導入するセルフレジのコンペにも参加したが、アスタリスクの提案は不採用となった。そこでアスタリスクはファーストリテイリングが採用した他社製品は自社特許に触れるとして、自社製品の採用かライセンス契約を求める。

これに対してファーストリテイリングは「無償ならライセンス契約を結ぶ」と回答し、同5月には同特許が「簡単に発明できる技術」なので無効であると知的財産高等裁判所に審判を請求した。

2021年5月の判決で知的財産高裁はファーストリテイリングの主張を一部認めたものの、同特許を「簡単に発明できない技術」と判断し、同社側の敗訴を言い渡した。これを不服として、ファーストリテイリングは最高裁に上告している。

下請けのアスタリスクが取引先の大手企業から特許裁判を起こされたが「返り討ち」にしたことから、池井戸潤氏の小説「下町ロケット」に登場する架空の「佃製作所」と状況が似ている(ただし「下町ロケット」で特許裁判を仕掛けたのはライバル会社)。

アスタリスクは本業に集中するため、2021年2月に係争中のセルフレジの特許権をパテント管理会社のNIPに譲渡した。ただし、NIPから同特許の実施許諾を受けており、製品やサービスの提供は継続する。

NEXT STORY

『ワイルド・スピード』で成功したメディアフランチャイズ戦略とは

『ワイルド・スピード』で成功したメディアフランチャイズ戦略とは

2021/07/31

ワイルド・スピードは数ある映画シリーズの中でも破格の成功を記録し続けており、「メディアフランチャイズ」の成功例としてもしばしば取り上げられています。今回は新作映画の紹介とともに、メディア戦略、広告戦略についても触れてみたいと思います。