VTuber関連のスタートアップ企業に注目が集まっています。人気VTuber「キズナアイ」で市場を牽引するActiv8は、2018年8月にgumi<3903>から6億円を調達したと発表。今年に入り、「音羽ララ」のユニゾンライブもgumi関連のファンドから5000万円の資金を調達しました。VTuber事業を立ち上げたBUZCASTも同ファンドに第三者割当増資を実施しています。

gumi、グリー<3632>がVTuberに特化したファンドを設立。スタートアップ企業に資金が流れ込みやすくなり、クリエイターや技術者などは活躍の場が広がっています。サイバーエージェント<4751>も、VTuberの活動を支援するCyber Vを設立しました。

さて、勢いをつけたVTuber企業の未来は明るいのでしょうか? 結論を先にいうと、苛烈な過当競争で厳しい時代に突入しそうです。

ときのそら
カバーの人気キャラクター「ときのそら」


資金調達額が10億円を超える企業も

2018年1月1日から2019年1月15日に至るまで、VTuber関連で資金調達を行った企業はこちらです。

企業名調達金額出資企業VTuber関連の主な事業内容
BitStar13億円Wright Flyer Live Entertainment
(グリー傘下)など
VTuberグループ「アマリリス組」運営
※現在グループは解散し、ソロで活動中
Activ86億円gumiキズナアイ」運営
クラスター4億円KDDIなどバーチャルイベントプラットフォーム「cluster」の開発
カバー2億円グリーベンチャーズなどときのそら」運営、配信アプリ「ホロライブ」提供
ユニゾンライブ5000万円gumi ventures音羽ララ」運営
Newstage非公開グリー動画配信サービス「Stager Live」の提供
Omnipresence非公開グリー3Dアバターライブ配信プラットフォーム「Facemoji」の開発
BUZZCAST非公開gumi ventures悪魔のメムメムちゃん」などを運営

※各社発表をもとに筆者作成

VTuber関連事業は大きく2つに分かれます。1つはVTuberの運営・マネジメント。2つ目は配信プラットフォームなどのインフラ提供です。インフラが整備されて、VTuberが次々と誕生する素地ができました。

注目したいサービスが、カバーが提供している「ホロライブ」です。ホロライブは、声を使った活動経験があり、VTuberを望む人向けにキャラクターの提供などを行っています。随時オーディションを行っており、希望者はいつでも応募できます。

これまで、「ときのそら」「ロボ子さん」「さくらみこ」「夜空メル」「アキ・ローゼンタール」など、矢継ぎ早にVTuberを輩出してきました。現在、15人がホロライブに所属しています。

VTuber市場の熱が高まり、なりたい人は誰でも活躍できる時代が到来しました。すなわち、市場はレッドオーシャン化したのです。