秋元康氏プロデュース、AKB48・乃木坂46など有名アイドルの出演、課金率100%をうたい、年商1200億円と豪語したスマートフォンゲーム『神の手』の企画・運営を行っていたブランジスタゲームが、ネクシィーズに1円で譲渡されました。

ブランジスタゲームは2期連続の債務超過で、2018年9月期で債務超過額は10億4500万円にも上っていました。売上高は3億6000万円、営業損失は7億3300万円。派手にぶち上げた神の手は、どこでつまづいたのでしょうか?

斬新な3Dクレーンゲーム
斬新な3Dクレーンゲーム


課金と広告、2つの収益柱で稼ぐ夢のビジネスモデル

ブランジスタゲーム関係図
ブランジスタゲーム関係図

ブランジスタゲームは、『旅色』などの電子雑誌を運営するブランジスタ<6176>の子会社です。

譲渡先のネクシィーズは、ブランジスタの親会社ネクシィーズグループ<4346>の100%子会社。今回の譲渡は、ネクシィーズグループ傘下のブランジスタから、同じく傘下のネクシィーズに備忘価額1円で引き渡された形。神の手を非上場のネクシィーズ下に置いて、再建や撤退につながる経営判断を下しやすくしたものと考えられます。

ブランジスタは2015年9月に上場した会社。2015年9月期で6期連続の増収増益となっていますが、売上高22億2100万円、営業利益3億1200万円と規模が小さく、電子雑誌以外での収益の柱が必要でした。上場後の目玉として打ち出したのが、神の手だったのです。

神の手は他のゲームにはない3つの強みを掲げました。

1.総合プロデューサーに秋元康氏を招へい
2.AKB48、乃木坂46、けやき坂46(現:日向坂46)など人気アイドルと企業のコラボレーション
3.ユーザーの課金率100%

企業とアイドルがタイアップして売り出すレアな商品を、アイドルのコアなファンたちの課金で稼ぐというもの。企業にとっては、アイドルなどの有名人とコラボレートした商品開発ができるメリットがあります。

ブランジスタゲームにとっては、企業とのタイアップによる広告収入と、ユーザーからの課金収入が得られます。しかも課金率は100%です。そのビジネスモデルを、秋元康氏という不動のヒットメーカーでラッピングしました。

世界戦略への布石に位置付けた「神の手」
世界戦略への布石に位置付けた「神の手」


投資家の期待を煽って株価は500円から1万5000円まで高騰

投資家の期待は高まります。日経が秋元康氏をプロデューサーに迎えたゲーム開発をしているとの報道をすると、500円台の株価は1000円台に突入。2016年5月20日には1万5850円もの高値をつけました。

ブランジスタは、芸能プロダクションなど100社とコラボし、ワンピースや新世紀エヴァンゲリオンなどの人気キャラクターを起用した5000アイテムを用意。アイドル(1人当たり年間平均消費額:9万4738円)、アニメ(1人当たり年間平均消費額:2万5096円)、フィギュア(1人当たり年間平均消費額:3万1738円)などのいわゆるオタク層をユーザーに取り込むことで、年間1200億円の売上が見込めると発表し、投資家の期待を煽りました。