2018年4月にWEBマーケティング事業を手がけるユースラッシュ(U/、東京都目黒区。メンバー4人)を創業した内山裕規氏(39)。20代半ばから上場企業でインターネットメディア事業を統括する取締役として経営の一翼を担い、数多くの新規事業をスタートさせた。14年からはFintech事業を行うアーリーステージの企業に経営参画した経歴を持つ。そんな内山氏がU/で満を持してスタートさせたのが「JUST FIT OFFICE」というビジネスだ。

このビジネスの特徴を一言で説明すると、「シェアオフィスの供給側と入居する小規模企業・フリーランスなどをマッチングさせるプラットフォーム」(内山氏)。スタートアップにとって、「オフィスをどうするか」は最初に考える重要なテーマ。そこにU/は、シェアオフィス・コワーキングスペース情報はもちろんのこと、オフィスに付随する数々の付加価値の提供を考えている。

意外となかった“市場としての情報”

創業のきっかけは、内山氏自身の“素朴な疑問”からだった。

「U/を立ち上げて、まず、オフィス探しをしたんです。『シェアオフィスがいいな』と思ったのですが、まとまって紹介しているサイトがなくて、一般の賃貸オフィス仲介のような仕組みになっていなかった。サイトで紹介されている情報も個別のシェアオフィス運営企業のもので、それを頼りに内覧してみると、『自分たちの要望とちょっと違うかも……』の繰り返し。そこで、そういったシェアオフィスのすべての情報が載っていて、ウェブ上で入居の意思決定もできるプラットフォームがあればいい。ここに事業の芽がある、と考えました」

実際に、そうしたシェアオフィスやコワーキングスペースの需要やマーケットを調べてみると、フリーランスも含めてスタートアップのオフィス需要は急増してきた。若手の起業熱も高く、また、大手企業を中心にテレワークや副業を認める機運が高まるなど、シェアオフィス・コワーキングスペースに対するニーズは高まっていた。実は都心を中心に賃貸オフィスの空室率は1%以下と低く、「入居したくても、納得できるところに入居できない会社も多い」こともわかった。

「2018年はコワーキングスペースが急増していますが、それでも大きな需要に供給が追いついていません。そこで、いまのタイミングでプラットフォームをリリースするのがベストと考えたのです」