ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「事業計画書」が最短5分で完成 日本クラウドキャピタルが無料提供

alt
FUNDOORについて説明する日本クラウドキャピタルの平石智紀取締役

日本クラウドキャピタル(東京都品川区)は事業計画書や資本政策を簡単に作成できるツール「FUNDOOR」を開発、無料提供を始めた。多くの起業家を誕生させ、企業の成長を支援するのが狙い。 

日本クラウドキャピタルはクラウドファンディング「FUNDINNO」を展開しており、個人投資家が非上場企業に直接投資し、投資先企業がIPO(新規株式公開)やM&Aを行うことで、キャピタルゲインが個人投資家に入る仕組みを作っている。 

FUNDOORで起業や成長を支援することで、クラウドファンディング事業との相乗効果を見込む。 

 財務3表も同時に作成

FUNDOORは売上高や人件費、諸経費、設備投資などの項目に数値を入力すれば、売上高やキャッシュ残高、利益、販管費などがグラフに表示され、同時に貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の財務3表が作成される。 

入力は質問に答える形で簡単に行えるため、最短5分で事業計画書ができ上る。また事業計画と資本政策が連動しているため、簡単に資本政策が作れ、これら作成した資料を投資家と共有することができる。 

今後、資本政策シミュレーションや増資手続きのワンストップサポートなどを加え機能を拡張していく。 

日本のスタートアップ企業に対する投資は米国や中国に比べて少ない状況にある。日本クラウドキャピタルは、起業側が資本政策について知識や経験が乏しいのが要因の一つと考え、難しい資料作りを簡単に行えるようにした。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

​ソニーの元CEO出井氏 個人のベンチャー投資に前向き発言

​ソニーの元CEO出井氏 個人のベンチャー投資に前向き発言

2019/07/03

​日本クラウドキャピタルが2019年7月2日に開催した事業戦略発表会で、ソニーの元CEO(最高経営責任者)である出井伸之氏がベンチャー企業における直接金融の重要性を訴えた。