2017年9月、「おいしいを科学する」をメーンメッセージとしてデリシャスノーツ(東京都中央区)を設立した長屋大輔氏。ウェブデザイナー、飲食店コンサルティングなどの経歴を生かしての起業だ。今後は、IoT(モノのインターネット)をレストランに応用した「スマートレストラン構想」や、料理人と料理のデータを保管提供するサービスも事業領域として、飲食業の安定と発展に寄与したいとする。

「ぶけなび」の開発とM&A

長屋氏と飲食業との出合いは飲食店の居抜き物件情報サイト『ぶけなび』を知ったことがきっかけ。それまで長屋氏はウェブデザインやサーバーのレンタル事業などに従事していたが、「飲食業」はほとんど未知の領域だった。

「当時居抜きの意味もよくわからなくて、ネットで調べてみると、その物件情報の少なさに驚きました。後継者難、需要の低迷など、何かしらの理由で『店をたたみたい』と思う飲食店経営者と、少しでも早く初期投資を安く店を開きたいと思う人をつなぐ必要な情報がホントに少ない。そこで、そのマッチングサイトの構築・運営を始めました」(長屋大輔氏、以下発言は同氏)

それが「ぶけなび」だが、そのサイトの運営のなかで、飲食店の開業コンサルティングや事業承継・譲渡、M&Aにも関わることになる。

「居抜きで飲食店を開くといっても、メニュー開発、集客術、人員のオペレーション、仕入先との折衝、さらにパソコンなどの情報機器、ホームページなども必要で、新業態の開発もあります。普通の会社の起業と同じですね。そこで、それらすべてのコンサルティングを、あくまでその飲食店の運営者とお客さまに中立的な立場で最適なものを提供するお手伝いを行ってきました」

 ところが、転機が訪れる。2011年3月、東日本大震災の影響を受け、従来の『ぶけなび』の運営会社がその事業を現在の運営会社に譲渡した。事業とともに新しい運営会社に移った長屋氏は、その後、その運営会社でケータリング事業の立上げに参画。そのほか、飲食関連事業の買収も含めて多数のビジネスの立上げに参画してきた。だが、もともとロボットに強い興味を持っていた長屋氏はドローンやIoT、AIが市場に出回り始めた状況を機にロボットなどの技術によって飲食店をサポートする事業を実現したいと思い、2017年にデリシャスノーツを立ち上げた。