焼き鳥居酒屋「備長扇屋」や炭火串焼き専門店「日本橋紅とん」などを展開するヴィア・ホールディングス(HD)<7918>は、グループ店舗の約15%に当たる62店の不採算店舗を閉鎖する。 

これに伴って同社は2020年3月期に特別損失約6億円を追加計上することから、同期の当期損益は15億円の赤字に陥る。当期赤字は2018年3月期の22億6600万円、2019年3月期の28億4100万円に続く3期連続だ。 

苦境にあえぐ同社では、どのような復活のシナリオを描いているのか。中期経営計画を見るとその答えが垣間見えてくる。 

中期経営計画を見直し

ヴィア・HDは2020年3月18日に業績の下方修正を発表。新型コロナウイルスの影響で宴会のキャンセルなどが相次いだことから、2020年3月期の売上高を11億円少ない245億円に引き下げた。これに伴い営業損益は5000万円の黒字から5億円の赤字に、経常損益もゼロから5億5000万円の赤字に転落する。 

当期損益はもともと2億6000万円の赤字予想だったが、売り上げの減少と特別損失の追加計上で、10億円を超える大幅な赤字を余儀なくされた。

【ヴィア・ホールディングスの業績推移】単位:億円 

  2016年3月期 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期
売上高 303.51 295.86 283.4 267.78 245
営業損益 8.15 7.47 0.94 △6.85 △5
経常損益 5.48 6.66 0.18 △8.12 △5.5
当期損益 2.72 2.46 △22.66 △28.41 △15

閉鎖店舗62店舗のうちすでに第3四半期(2019年4月1日-2019年12月31日)までに22店舗(直営店)を実施済みで、第3四半期末の店舗数はフランチャイズ61店舗を含め477店舗まで減少している。 

同社は2022年3月期を最終年度とする3カ年の中期経営計画に取り組んでおり、最終年度に売上高280億円、営業利益8億4000万円の数値目標を掲げている。しかし、これら数字については今回の業績修正に伴い見直しの検討を進めており、新たな計画が決定次第公表するとしている。