トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >8月にも新型コロナ用ワクチンの臨床試験を目指す「メディカゴ」ってどんな会社

8月にも新型コロナ用ワクチンの臨床試験を目指す「メディカゴ」ってどんな会社

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
写真はイメージです

田辺三菱製薬(大阪市中央区)の子会社であるカナダのメディカゴ(ケベック市)が新型コロナウイルス用のワクチン開発の第一歩となるウイルス様粒子の作製に成功した。すでに安全性と有効性に関する非臨床試験を実施しており、順調に進めば2020年8月ごろにヒトでの臨床試験を始める予定という。

田辺三菱製薬は2013年9月に約163億円を投じてメディカゴの持ち株比率を5.8%から60%に引き上げ子会社化した。残りの40%の株式は米国フィリップモリスインターナショナルの子会社である蘭フィリップモリスインベストメンツが所有し、両社はメディカゴを合弁会社として運営している...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY