M&A速報

ヴィア・ホールディングス<7918>、飲食店運営会社のセラヴィリゾートからレストラン事業を取得

2008/01/11

ヴィア・ホールディングスは子会社を通じて、飲食店運営会社のセラヴィリゾート(名古屋市)からレストラン事業を取得することを決議した。

セラヴィリゾートはレストラン事業として、東京都や大阪府などの主要大都市に和食居酒屋「北の家族」や、エンターテイメントテーマレストラン「ザ・ロックアップ」などを展開している。ヴィア・ホールディングスは居酒屋やレストランといった外食サービスをグループの中核事業と位置付けており、今回の事業取得で一層の収益拡大を目指す。

取得価額は未定。取得予定日は2008年2月中旬。

関連の記事

「日本橋 紅とん」「Pastel」のヴィア・ホールディングス、事業再生ADRへ

「日本橋 紅とん」「Pastel」のヴィア・ホールディングス、事業再生ADRへ

2021/04/29

ヴィア・ホールディングスと関連子会社6社は4月20日、第3回債権者会議を開催し、事業再生ADRが成立したことを明らかにした。財務面では対象債権者の金融機関5行より借入金債務の一部(総額45億円)を株式化し、債務超過を解消する。

【希望退職者募集】今年早くも20社超える|常連のアパレル、新顔に「鉄道」も

【希望退職者募集】今年早くも20社超える|常連のアパレル、新顔に「鉄道」も

2021/04/05

2021年1~3月に希望(早期)退職者の募集を発表した上場企業は21社を数え、前年同期比4割増となった。ほとんどが新型コロナの影響拡大による業績悪化を理由とする。募集規模100人以上は7社で、3社に1社を占める。JTの1150人を筆頭に、名村造船所の250人が続く。

【希望退職】三陽商会・IMAGICA・かんなん丸…年明け1月も7社が募集発表

【希望退職】三陽商会・IMAGICA・かんなん丸…年明け1月も7社が募集発表

2021/02/03

希望退職募集の動きが2021年も年明けから相次いだ。アパレルの三陽商会が150人程度を募るのを筆頭に、外食2社を含めて7社が計画を発表した。緊急事態宣言が1カ月延長されたことで、業績の戻りはさらに遠のき、リストラ圧力が一層強まりかねない。

焼き鳥居酒屋・備長扇屋など運営の「ヴィア」が不採算店62店を閉鎖 復活のシナリオは?

焼き鳥居酒屋・備長扇屋など運営の「ヴィア」が不採算店62店を閉鎖 復活のシナリオは?

2020/03/24

焼き鳥居酒屋「備長扇屋」などを展開するヴィア・ホールディングスは、グループ店舗の約15%に当たる62店の不採算店舗を閉鎖する。中期経営計画に復活のシナリオが垣間見える。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5