トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >ユニゾ従業員TOB、買付価格を6000円に引き上げ|フォートレスは撤退か

ユニゾ従業員TOB、買付価格を6000円に引き上げ|フォートレスは撤退か

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
ユニゾホールディングスが運営するビジネスホテル(都内)

不動産・ホテル業のユニゾホールディングスに対し、従業員による買収(EBO)を目的にTOB株式公開買い付け)を実施中のチトセア投資(東京都中央区)は18日、1株5700円の買付価格を300円引き上げて6000円にすると発表した。買付価格の引き上げは2月9日以来2度目で、2019年12月24日にTOBを開始した当初の5100円に比べて900円高い。

今回、買付期間も3月26日から4月2日に5営業日延長した。買付期間の延長は5度目となる...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY