M&A速報

ヴィア・ホールディングス<7918>、チタカ・インターナショナル・フーズからレストラン事業を取得

2015/04/28

ヴィア・ホールディングスは子会社を通じて、チタカ・インターナショナル・フーズ(愛知県北名古屋市)からイタリアンレストラン「パステル」の45店舗を取得すると発表した。対象事業の業績は、売上高が56億3000万円、営業利益が△1億1500万円。

チタカは主にショッピングセンターで、パスタとデザートを提供するパステルを運営。また、同じくパステルブランドで「なめらかプリン」を製造・販売している。全国に528店舗のレストランなどを運営するヴィア・ホールディングスは、こうしたデザート関連のノウハウを取り込み、共同でデザート製品の開発・販売を進める。

取得価額は5億5000万円。取得予定日は2015年6月1日。

関連の記事

【希望退職】三陽商会・IMAGICA・かんなん丸…年明け1月も7社が募集発表

【希望退職】三陽商会・IMAGICA・かんなん丸…年明け1月も7社が募集発表

2021/02/03

希望退職募集の動きが2021年も年明けから相次いだ。アパレルの三陽商会が150人程度を募るのを筆頭に、外食2社を含めて7社が計画を発表した。緊急事態宣言が1カ月延長されたことで、業績の戻りはさらに遠のき、リストラ圧力が一層強まりかねない。

焼き鳥居酒屋・備長扇屋など運営の「ヴィア」が不採算店62店を閉鎖 復活のシナリオは?

焼き鳥居酒屋・備長扇屋など運営の「ヴィア」が不採算店62店を閉鎖 復活のシナリオは?

2020/03/24

焼き鳥居酒屋「備長扇屋」などを展開するヴィア・ホールディングスは、グループ店舗の約15%に当たる62店の不採算店舗を閉鎖する。中期経営計画に復活のシナリオが垣間見える。

M&A速報検索

クリア