ダイキン工業は子会社を通じて、米国の大手空気フィルターメーカー、フランダース(ノースカロライナ州ワシントン。売上高約351億円)を買収すると発表した。買収総額は約507億円。

フランダースは1950年設立で、業務用から住宅用まで幅広い分野の商品を取り扱い、製薬や食品分野などクリーンルーム向け分野で強みを持つ。ダイキン工業は同社買収により、空気フィルターで世界最大といわれる米国市場でトップに躍り出る。同事業におけるグループ全体の売上高は1000億円を超えるという。

取得は2016年4月に完了する予定。