M&A速報

ダイキン工業<6367>、米空気フィルター製造大手のフランダースを買収

2016/02/09

ダイキン工業は子会社を通じて、米国の大手空気フィルターメーカー、フランダース(ノースカロライナ州ワシントン。売上高約351億円)を買収すると発表した。買収総額は約507億円。

フランダースは1950年設立で、業務用から住宅用まで幅広い分野の商品を取り扱い、製薬や食品分野などクリーンルーム向け分野で強みを持つ。ダイキン工業は同社買収により、空気フィルターで世界最大といわれる米国市場でトップに躍り出る。同事業におけるグループ全体の売上高は1000億円を超えるという。

取得は2016年4月に完了する予定。

M&Aデータベース

関連の記事

【企業力分析】ダイキン工業 グッドマングローバルグループインクのM&Aの効果

【企業力分析】ダイキン工業 グッドマングローバルグループインクのM&Aの効果

2017/12/22

今回のテーマは、空調機メーカーのダイキン工業です。一見成功したかのように見えた米グッドマンのM&Aその後を追っていきます。

ASEANの最新M&A事情 ーマーサーシンガポール 宮寺宏器プリンシパルに聞く

ASEANの最新M&A事情 ーマーサーシンガポール 宮寺宏器プリンシパルに聞く

2017/11/28

ASEANが設立から50周年を迎えた。2017年11月13日にはフィリピン・マニラでASEAN首脳会議が開かれ、安倍晋三首相はASEANでの「質の高いインフラ」投資による連結性の強化や産業基盤の整備、円借款の迅速化といった経済連携策を引き続き進めていくことを明らかにした。日本企業によるASEAN企業のM&Aは現在も増加傾向にあるが、今後さらに加速するのは間違いない。しかし、ASEAN企業とのM&Aには思わぬ「落とし穴」もある。そこで現地でM&Aの組織や人事についてのコンサルティングに当たっているマーサーシンガポールの宮寺宏器プリンシパルに最新事情を聞いた。

【後編】経営戦略の手段として、M&Aは効果を発揮しているか?(慶応義塾大学・牛島辰男教授)

【後編】経営戦略の手段として、M&Aは効果を発揮しているか?(慶応義塾大学・牛島辰男教授)

2017/10/12

「企業の多角化」という専門分野から捉えると、無借金経営、キャッシュリッチな企業は、いまこそ『ポートフォリオ・リストラクチャリング』のチャンスでもある」と語るのは、慶応義塾大学商学部の牛島辰男教授である。インタビュー後編は、企業が海外M&Aをより進めていくうえでどうしたらよいか伺った。

【ダイキン工業】海外に照準を定めた空調機トップメーカー。売上の9割は海外で稼ぐ

【ダイキン工業】海外に照準を定めた空調機トップメーカー。売上の9割は海外で稼ぐ

2017/05/10

「うるるとさらら」でおなじみの家庭用エアコンで知名度のあるダイキン工業だが、実は産業用空調機分野で世界トップシェアを誇り、売上げの大半を海外で稼いでいる。M&A巧者の同社を取り上げる。

M&A速報検索

クリア