2020年第4四半期・年間 TOBプレミアム分析レポート

alt

4.TOB買付総額の推移

図表3.TOB買付総額の推移

3.TOB買付総額の推移(完了ベース)
M&A Online編集部作成

・公開買付案件の成立金額の年度別合計
・集計は完了年度ごとに集計
・進行中の案件は除く

図表4.2020年買付総額ランキングトップ5

順位 対象企業 買付者 買付総額(百万円)
1 NTTドコモ NTT 3,178,559
2 日立化成(現:昭和電工マテリアルズ) 昭和電工 844,570
3 日立ハイテク 日立製作所 427,116
4 ソニーフィナンシャルホールディングス ソニー 321,503
5 ファミリーマート 伊藤忠商事 181,741

5.2020年のMBO案件

図表5.MBO件数推移(届出ベース)

5.MBO件数推移(届出ベース)
M&A Online編集部作成

図表6.2020年のMBO一覧

公表日 会社名 買付会社名 成否
2020/1/31 豆蔵ホールディングス K2TOPホールディングス 成立
2020/2/3 JEUGIA cross road 成立
2020/2/5 オーデリック アマセクリエート 成立
2020/2/5 ミヤコ ツカダ興産 成立
2020/2/6 総合メディカルホールディングス ポラリスグループ 成立
2020/5/11 ニチイ学館 ベインキャピタル 成立
2020/6/29 小島鉄工所 児玉本社 成立
2020/9/11 キリン堂ホールディングス ベインキャピタル 成立
2020/10/1 川金ホールディングス SSホールディングス 成立
2020/11/6 日本アジアグループ カーライル・グループ 不成立
2020/11/16 常磐開発 エタニティ 成立

6.2020年に話題となったTOB

2020年は敵対的TOBが5件と、2007年に並ぶ13年ぶりの高水準となった。中でも前田建設工業が持ち分法適用関連会社の前田道路に対して子会社化を目的にTOBを実施した案件は、いわば「身内」の争いだけに注目された。

ニトリホールディングスによる島忠の子会社化を目的としたTOBは、DCMホールディングスによるTOBの最中に発表。両社による「島忠争奪戦」となったが、「後出し」のニトリがTOBに成功している。

ソニーによる金融子会社のソニーフィナンシャルホールディングスの完全子会社化を目指したTOBは金融事業の本業化を目指すもので、同社の「脱・エレクトロニクス」がさらに進むとみられている。

図表7.敵対的TOBの成否件数(届出ベース)

7.敵対的TOBの成否件数(届出ベース)
M&A Online編集部作成

NEXT STORY

TOB「不成立」の連鎖? 出光興産の東亜石油案件も不調に終わる

TOB「不成立」の連鎖? 出光興産の東亜石油案件も不調に終わる

2021/02/17

出光興産は16日、上場子会社の東亜石油の完全子会社を目指して実施したTOB(株式公開買い付け)が不成立に終わったと発表した。こうしたTOBの不成立はこの1カ月間で3件目というハイペースだ。