与党税制大綱が決定、早期の事業承継に「強く期待」

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
東京・永田町

オープンイノベーション税制の拡充など明記

自民、公明両党は12月10日、2022年度の与党税制改正大綱を正式決定した。岸田文雄首相が掲げる「成長と分配の好循環」の実現を見据えた対応が柱で、スタートアップと既存企業の協働によるオープンイノベーション促進税制の拡充、法人版事業承継税制の特例承継計画の提出期限延長などを盛り込んだ...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5