ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

世相を反映する「脱税」 インバウンド増加に伴う消費税不正還付が増加

alt

いわゆる脱税の態様は、そのときどきの世相を反映して、一定の特徴を持つようです。2019年6月に国税庁が公表した「平成30年度査察の概要」から読み取れる近年の告発事案の傾向を追ってみましょう。

消費税不正還付が過去5年で最高に

過去にも消費税の増税が近くなると、社会的な波及効果を勘案して、国税の査察において消費税還付などを狙った事案を重点的に告発する傾向が見られました。

翌年度に増税を控えた2018年度においても、消費税受還付に関連する告発が16件となり、過去5年間でもっとも多い水準となりました。

近年の訪日外国人旅行客(インバウンド)の増加にともない、一般に「免税店」とも呼ばれる輸出物品販売場における不正還付事案が告発の対象となっています。

「平成30年度査察の概要」に掲載された事例によると、A社は高級腕時計の仕入を装って課税仕入を計上するとともに、その商品を輸出物品販売場の許可を受けた免税店で外国人旅行者に販売したように仮装したようです。

この架空売上を免税取引として処理することにより、国内での仕入にかかった消費税が還付されるような虚偽の消費税申告がなされました。

また、別件として、太陽光発電施設の購入を装った事案も紹介されています。B社は太陽光発電施設を取得したように装って多額の課税仕入を計上する方法により、不正に消費税の還付を受けていたということです。

なお、2011年度の税制改正により、不正に消費税の還付を現実に受けた場合だけでなく、不正受還付にかかる未遂罪についても処罰されるようになっています。

これを受けて2014年度には不正受還付未遂に対する初の告発が行われ、告発件数が1、不正還付額(未遂額)が700万円となりました。そして、2018年度には告発件数が8、不正還付額(未遂額)が15億2200万円と大きく増加しています。

北川 ワタル

経歴:2001年、公認会計士2次試験合格後、監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)、太陽監査法人(現太陽有限責任監査法人)にて金融商品取引法監査、会社法監査に従事。上場企業の監査の他、リファーラル業務、IFRSアドバイザリー、IPO(株式公開)支援、学校法人監査、デューデリジェンス、金融機関監査等を経験。マネージャー及び主査として各フィールドワークを指揮するとともに、顧客セミナー、内部研修等の講師 、ニュースレター、書籍等の執筆にも従事した。2012年、株式会社ダーチャコンセプトを設立し独立。2013年、経営革新等支援機関認定、税理士登録。スタートアップの支援からグループ会社の連結納税、国際税務アドバイザリーまで財務会計・税務を中心とした幅広いサービスを提供。

学歴:武蔵野美術大学造形学部通信教育課程中退、同志社大学法学部政治学科中退、大阪府立天王寺高等学校卒業(高44期)

出版物:『重要項目ピックアップ 固定資産の会計・税務完全ガイド』税務経理協会(分担執筆)、『図解 最新 税金のしくみと手続きがわかる事典』三修社(監修)、『最新 アパート・マンション・民泊 経営をめぐる法律と税務』三修社(監修)など

北川ワタル事務所・株式会社ダーチャコンセプトのウェブサイトはこちら


NEXT STORY

脱税や不正会計はどうやってバレる? リークするのは「恨み」を買ったあの人かも

脱税や不正会計はどうやってバレる? リークするのは「恨み」を買ったあの人かも

2017/03/12

​税務署は脱税や不正会計をどのように嗅ぎつけているのでしょう。実際にタレこみから調査にいたる案件は10件に1件程度だそうです。しかし税務署が調査に着手した後は、7割以上の確率で告発されるとのこと。どんな人が情報提供者となりうるのでしょうか。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5