ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

ホルムズ海峡を通過するタンカーが節税商品になる「からくり」 目を光らす国税庁

alt

ホルムズ海峡を通過する民間の船舶が襲撃される事件が頻発したことを受け、米国を中心に警備のための「有志連合」を募る動きがあります。ただし、各国の足並みはそろっていないようです。

世界の海を航行するタンカーなどの大型船舶のうち一定数は「オペレーティングリース」と呼ばれる商品に組み込まれ、遠く離れた日本企業の税金対策に一役買っている可能性があります。本稿では、このような投資商品としてのオペレーティングリースの特徴と税務上の効果を紹介したいと思います。

オペレーティングリースは匿名組合を活用した商品

本稿にいうオペレーティングリースとは「日本型オペレーティングリース」あるいは「JOL(Japan Operating Lease)」とも呼ばれる投資商品を指しています。

オペレーティングリースは、商法上の匿名組合契約(535条以下)を活用し、航空機、船舶、コンテナなどの大型資産への投資を行うものです。そして、投資から得られた損益は匿名組合契約における投資家に分配されるというのが基本的なスキームとなります。

一般に、匿名組合契約では投資を行う「匿名組合員」は対外的な取引主体にはなりません。その代わりに「営業者」が主体となって事業の運営を行います。その結果、事業から得られた経済的利益が契約にもとづき「匿名組合員」に分配されます。

例えば、船舶のオペレーティングリースでは、リース会社が設立した特別目的事業体(SPCなど)が「営業者」として船舶を購入します。これをリース契約における借り手である海運会社などに貸し出します。船舶の購入資金に関しては、SPCが「匿名組合員」となる投資家から出資を受け入れるほか、金融機関からの借入により調達します。

匿名組合に出資した法人における処理は?

まずは匿名組合が行う事業における収支を整理してみましょう。匿名組合事業にとっての営業収入は海運会社から受け取るリース料がメインとなります。それに加えて、リース期間の終了時には船舶の売却収入が発生します。これに対して、匿名組合事業における費用としては、船舶の減価償却費や維持管理費、借入金の利息などが考えられます。

これらの項目により匿名組合事業の損益が計算される訳ですが、その税務上の取扱はどのようになるのでしょうか。実は、匿名組合事業の損益が「匿名組合員」である法人に分配されると、その法人の益金および損金として処理されます。

つまり、投資家である法人は対外的な取引を行っていないにもかかわらず、あたかも自社で事業を行っているように損益が計上されます。この特徴によりオペレーティングリースが税金対策の商品として活用されているのです。

北川 ワタル

経歴:2001年、公認会計士2次試験合格後、監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)、太陽監査法人(現太陽有限責任監査法人)にて金融商品取引法監査、会社法監査に従事。上場企業の監査の他、リファーラル業務、IFRSアドバイザリー、IPO(株式公開)支援、学校法人監査、デューデリジェンス、金融機関監査等を経験。マネージャー及び主査として各フィールドワークを指揮するとともに、顧客セミナー、内部研修等の講師 、ニュースレター、書籍等の執筆にも従事した。2012年、株式会社ダーチャコンセプトを設立し独立。2013年、経営革新等支援機関認定、税理士登録。スタートアップの支援からグループ会社の連結納税、国際税務アドバイザリーまで財務会計・税務を中心とした幅広いサービスを提供。

学歴:武蔵野美術大学造形学部通信教育課程中退、同志社大学法学部政治学科中退、大阪府立天王寺高等学校卒業(高44期)

出版物:『重要項目ピックアップ 固定資産の会計・税務完全ガイド』税務経理協会(分担執筆)、『図解 最新 税金のしくみと手続きがわかる事典』三修社(監修)、『最新 アパート・マンション・民泊 経営をめぐる法律と税務』三修社(監修)など

北川ワタル事務所・株式会社ダーチャコンセプトのウェブサイトはこちら


NEXT STORY

【譲渡所得税】 いくらで買ったか分からない不動産の譲渡原価は?

【譲渡所得税】 いくらで買ったか分からない不動産の譲渡原価は?

2017-01-05

今回は、個人が土地を売った時の税金(譲渡所得税・住民税)のお話です。不動産取得費が分からないときの計算方法はどうしたらよいでしょうか。