ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【法務】フランス議会、GAFA 課税を承認

alt
Photo by Eugene Dorosh from Pexels

JULY 2019

フランス議会は、2019年7月11日、デジタルサービスに対する課税を内容とする議案を可決しました。この税制は、2019年1月1日より適用されます。

この税制は、デジタルサービスによる収入が全世界において750百万ユーロを超え、さらにフランスにおいて25百万ユーロを超えている企業による、製造業者、小売業者又は役務提供者と消費者を結び付けるデジタル仲介業務、広告業務、及び販売促進に使用する個人情報の再販売業務を対象とし、3%の均一税率を適用するものです。

この税制は、EUにおけるデジタル課税の潮流の一環であり(スペイン、イギリス、イタリアでも同様の動きがあります。)、EUにおける課税制度の発展に寄与しているといえます。

この税制は、EUにおける国際課税のみならず、世界的な国際課税の潮流に関わるものであり、日本企業にも関心のあるトピックと考えられることから、紹介する次第です。詳細は、French Parliament Passes GAFA Tax(オリジナル英語版)をご参照ください。

弁護士 片平 享介
弁護士 大沢 拓

ジョーンズ・デイ法律事務所 アラート「フランス議会、GAFA 課税を承認」より転載

ここに記載されている見解および意見は執筆担当者の個人的見解であり、法律事務所の見解や意見を必ずしも反映するものではありません。


NEXT STORY

VCが受託ビジネスを評価しない理由|受託の罠脱出ルート2

VCが受託ビジネスを評価しない理由|受託の罠脱出ルート2

2019/01/23

GAFAのような企業を目指しスケールアップするには、どうしたらよいでしょうか。「受託の罠(ワナ)」脱出ルートその2では、キャッシュジャーニーマップ(CJM)を使用して、受託ビジネスの限界とVCの活用について考えます。