ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

弁護士が税務調査において争点となる項目を取引の観点からまとめた書籍を発行

alt

森・濱田松本法律事務所の小山浩弁護士が税務調査において争点となる項目を取引の観点からまとめた書籍「取引の実態からみる税務調査のポイントQ&A」を発刊した。 

役務提供取引、役員や従業員に関する取引、金融取引、組織再編取引、損害賠償・国際取引などの裁判例や裁決例などの実例をもとに、具体的なQ&A60問を提示して、その取引形態ごとの特有の留意点を解説した。 

国税局の調査審理官として審理事務経験を持つ小山浩弁護士が、調査審理官時代に培った取引の実態を把握するための着眼ポイントを踏まえ、取引の実態に踏み込み税務判断された実例を裁判例や裁決例から選び、取引形態別に分類。取引ごとの留意点や、その実態を踏まえた判断のポイントなどをまとめた。 

税理士が税務調査に備え、顧問先に的確、適切に指導するための実務参考書となる。 

総論に次いで、第2章役務提供取引、第3章役員・従業員に関する取引、第4章金融取引、第5章組織再編成・資本等取引、第6章損害賠償、第7章クロスボーダー取引といった構成。A5判310ページ、定価3132円。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

M&Aで増える申告漏れ どう対処すべきか 小山浩弁護士に聞く

M&Aで増える申告漏れ どう対処すべきか 小山浩弁護士に聞く

2018/10/01

M&Aや国際取引に関して国税当局から巨額の申告漏れを指摘(否認事案)されるケースが増えている。企業はどのうに対処すればよいのか。森・濱田松本法律事務所の小山浩弁護士に対策を聞いた。