ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

平成31年度税制改正でM&Aに関係する組織再編税制の変更点は?しっかり学ぶM&A基礎講座(50)

alt

平成30年12月14日、与党から「平成31年度税制改正大綱」が公表され、同月21日には閣議決定がなされました。M&Aに関係するところでは組織再編税制にかかる変更点があります。内容的には「逆さ合併」や「三角合併」が行われた際のニーズにより柔軟に応えるものとなっています。以下では、その概要をお伝えしたいと思います。

親会社が子会社を完全支配した後に「逆さ合併」を行うケース

親会社が子会社における少数株主をスクイーズアウトしたあとに、両社を合併させるケースはよく見られます。スクイーズアウトというのは、少数株主に出て行ってもらって100%子会社化することを意味しますが、具体的な手法としては株式交換などが活用されます。

ところが、株式交換などの組織再編のあとに逆さ合併を実施する場合、現行制度では当初の組織再編が非適格とされます。非適格ということは一定の資産について時価評価などの問題が生じ、機動的な組織再編の足かせになる可能性があるのです。

なお、逆さ合併というのは、子会社が存続会社、親会社が消滅会社となって合併を行うものです。「それなら、わざわざ逆さ合併にしなくても良いでは?」と思われる方がいるかもしれません。しかし、子会社がビジネス上で必要な許認可を持っているなどの事情から子会社を存続させたいというニーズは少なからず存在します。

そこで、今回の改正では逆さ合併が行われる場合においても、当初の組織再編の適格要件(すなわち、完全支配関係継続要件、支配関係継続要件および親子関係継続要件)は適格合併の直前までの関係で判断することとされました。

これにより最初に完全子会社化を行い、次にさらなる再編を行うといった合わせ技がより柔軟に行えるようになることが期待されます。

経済産業省「平成31年度(2019年度)経済産業関係 税制改正について」より

北川 ワタル

経歴:2001年、公認会計士2次試験合格後、監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)、太陽監査法人(現太陽有限責任監査法人)にて金融商品取引法監査、会社法監査に従事。上場企業の監査の他、リファーラル業務、IFRSアドバイザリー、IPO(株式公開)支援、学校法人監査、デューデリジェンス、金融機関監査等を経験。マネージャー及び主査として各フィールドワークを指揮するとともに、顧客セミナー、内部研修等の講師 、ニュースレター、書籍等の執筆にも従事した。2012年、株式会社ダーチャコンセプトを設立し独立。2013年、経営革新等支援機関認定、税理士登録。スタートアップの支援からグループ会社の連結納税、国際税務アドバイザリーまで財務会計・税務を中心とした幅広いサービスを提供。

学歴:武蔵野美術大学造形学部通信教育課程中退、同志社大学法学部政治学科中退、大阪府立天王寺高等学校卒業(高44期)

出版物:『重要項目ピックアップ 固定資産の会計・税務完全ガイド』税務経理協会(分担執筆)、『図解 最新 税金のしくみと手続きがわかる事典』三修社(監修)、『最新 アパート・マンション・民泊 経営をめぐる法律と税務』三修社(監修)など

北川ワタル事務所・株式会社ダーチャコンセプトのウェブサイトはこちら


NEXT STORY

1株当たり純資産を下回るTOB価格をスクイーズアウトの「公正な価格」と認めた例

1株当たり純資産を下回るTOB価格をスクイーズアウトの「公正な価格」と認めた例

2018-07-18

今回は、1株当たり純資産を下回る価格によるTOB及びその後のスクイーズアウトに関する裁判例を紹介します。