M&A速報

KADOKAWA<9477>、香港のシネコン事業会社を譲渡

2013/07/05

KADOKAWAは子会社を通じて、香港のシネコン事業運営会社のKadokawa Intercontinental Group Holdings(KIGH。新海。売上高68億1000万円、営業利益3億1600万円、純資産19億4000万円)を香港のメディア会社eSun Holdingsへ譲渡することを決議した。また同時に、グループ会社の管理を行うIntercontinental Development and Service(新海。売上高2億5800万円、営業利益2300万円、純資産4600万円)を香港の不動産会社Lai Sun Development Companyに譲渡することを決議した。

KIGHはKADOKAWAが2005年に買収したシネコン、映画配給事業を手がける会社で、香港や中国広東省で事業を展開している。買収後もその業容と収益力を大きく拡大してきたが、KADOKAWAは今後の海外戦略をネット・デジタル分野に移すため今回売却を決めた。

譲渡価額はKIGHが約22億5000万円、Intercontinental Development and Serviceが約16億7000万円。

取得予定日は2013年8月中旬。

M&Aデータベース

関連の記事

CCCが主婦の友社を買収、出版業界もM&Aの波高し!

CCCが主婦の友社を買収、出版業界もM&Aの波高し!

2017/12/18

CD・DVDレンタル、書店事業の「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が女性ファッション誌の中堅出版社、主婦の友社(東京都文京区)を買収した。構造的な出版不況の中、版元の淘汰が進むのは必至で、その過程でM&Aが避けられそうにない。