インプレスホールディングスは、電子書籍制作のデジタルディレクターズ(東京都千代田区。売上高8億9900万円、営業利益△7800万円、純資産4億2700万円)が子会社となったと発表した。これまで株式の所有割合を30.2%としていたが、デジタルディレクターズの自己株式買い付けにより、自己株式を除く所有割合が58.4%に上昇したため。

デジタルディレクターズは2000年設立で、電子書籍やコミックの企画・制作を手がける。今回事業再編に伴い、電子書籍の取次事業の会社分割と事業売却を実施。体制変更に伴う資本政策の一環として自己株式の買い付けを実施した。

異動日は2008年12月18日。