M&A速報

KADOKAWA<9477>とドワンゴ<3715>、持ち株会社を設立し経営統合へ

2014/05/14

KADOKAWAとドワンゴは、株式移転により持ち株会社KADOKAWA・DWANGOを設立し経営統合することで合意した。設立は2014年10月1日を予定しており、両社は9月26日で上場廃止となる。

両社は2010年10月に業務提携を締結し、KADOKAWAの書籍やコミック、映画などのエンタテインメントコンテンツとドワンゴが展開する「ニコニコ動画」などのサービスを連携して新規サービスの提供を進めてきた。今回、提携関係をさらに強化し新たなビジネスモデルの構築を目指すとしている。

株式移転比率はKADOKAWA:ドワンゴ=1.168:1。KADOKAWA・DWANGOは東京証券取引所に新規上場申請する。

関連の記事

CCCが主婦の友社を買収、出版業界もM&Aの波高し!

CCCが主婦の友社を買収、出版業界もM&Aの波高し!

2017/12/18

CD・DVDレンタル、書店事業の「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が女性ファッション誌の中堅出版社、主婦の友社(東京都文京区)を買収した。構造的な出版不況の中、版元の淘汰が進むのは必至で、その過程でM&Aが避けられそうにない。

M&A速報検索

クリア