アマゾンの記事一覧

佐川とヤマト、「巣ごもり需要増」で明暗くっきり。その理由とは

佐川とヤマト、「巣ごもり需要増」で明暗くっきり。その理由とは

新型コロナ感染症(COVID-19)の拡大にもかかわらず、売り上げが好調な宅配(デリバリー)業界。しかし「佐川急便」のSGホールディングスと「宅急便」のヤマトホールディングスの業界大手2社で明暗は分かれた。その背景にアマゾンがあった。

記事を読む
アップル、AI関連企業の累積買収件数で3年連続トップに

アップル、AI関連企業の累積買収件数で3年連続トップに

米アップルが2010年から2019年までの10年間に累計で20社のAI企業を買収し、3年連続で累計トップを維持した。アップルの成長に寄与した「AI買収」だが、買い手の主役はICTから他業種への拡大しつつある。M&Aの過熱で買収金額の高騰も。

記事を読む
「デジタル化に積極的だったのに…」カタログ印刷の千明社が倒産

「デジタル化に積極的だったのに…」カタログ印刷の千明社が倒産

2019年11月13日、大手通販会社のパンフレットやカタログなどの印刷を手がけていた千明社(東京都千代田区)が東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請。30億円の負債を抱えて事実上倒産した。が、同社はデジタル化に背を向けていたわけではない。​

記事を読む
なにかと厳しいEU規制  米国の次に狙われるのはロシア?

なにかと厳しいEU規制  米国の次に狙われるのはロシア?

Google、クアルコム、British Airwaysなど各国の企業がEU(欧州連合)における規制にもとづき制裁金を科される事例が頻発しています。これらの規制に関連する最近の動向を概観してみたいと思います。

記事を読む
街の書店に「とどめ」を刺すのは、アマゾンではなく物流業者

街の書店に「とどめ」を刺すのは、アマゾンではなく物流業者

札幌市の書店「なにわ書房」が札幌地方裁判所に自己破産を申請した。地方書店の廃業や倒産が相次いでいるのは周知のとおり。理由は出版不況、電子書籍、書籍ネット通販の普及の三重苦。だが、青息吐息の地方書店に「とどめ」を刺すのは、意外な業者だという。

記事を読む
米アマゾン、携帯電話会社を買って「どうするの?」

米アマゾン、携帯電話会社を買って「どうするの?」

インターネット通販大手の米アマゾンが米スプリントからプリペイド携帯電話キャリア「ブースト・モバイル」の買収に動き出したとの観測が流れている。ブースト・モバイルはソフトバンクの孫会社に当たる。なぜアマゾンは携帯事業に参入しようとしているのか?

記事を読む
アパレル・サバイバル|編集部おすすめの1冊

アパレル・サバイバル|編集部おすすめの1冊

アパレル市場を一変させたゲームチェンジャーであるZOZO。本書はZOZOをはじめとするアパレル販売の「ゲームチェンジャー」を取り上げ、それらの戦略と業界・社会に与える影響を明らかにする一冊。果たして次の10年間で業界を支配するのはどこか。

記事を読む
日本に「無人コンビ二時代」は来るか?ー「意外な伏兵」の参入も

日本に「無人コンビ二時代」は来るか?ー「意外な伏兵」の参入も

店主が本部の指示に従わず時短営業に踏み切った「東大阪の乱」で、大揺れのセブン-イレブン・ジャパン。背景には、深刻な労働力不足がある。ならば人手に頼らなければよいのではないか?つまり無人店舗の導入だ。が、セブン-イレブン側は消極的だ。なぜか?

記事を読む
リンクトインは「対GAFA」の個人情報規制をどう評価したか?

リンクトインは「対GAFA」の個人情報規制をどう評価したか?

米GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)のデータ独占の脅威に対し、EUが一般データ保護規則(GDPR)を導入した。米国でもカリフォルニア州や連邦議会で規制の動きが出るなど、おひざ元でも「GAFA包囲網」が広がり始めている。

記事を読む
チェーンストア経営者の必読書「ジェフ・ベゾス 果てなき野望」

チェーンストア経営者の必読書「ジェフ・ベゾス 果てなき野望」

編集部おすすめの1冊。今回は、米国在住流通コンサルタントの後藤文俊氏おすすめのチェーンストア関係者の必読書「ジェフ・ベゾス 果てなき野望」を紹介します。

記事を読む
IBMのレッドハット買収を左右するオープンソースへの「理解」

IBMのレッドハット買収を左右するオープンソースへの「理解」

米IBMはオープンソースの基本ソフト(OS)「リナックス」ベースのソフトウエアを手がける米レッドハットを340億ドル(約3兆8200億円)で取得する。IBMにとっては過去最大の買収だ。クラウドサービスでのシェア拡大を目指すが、果して成算は?

記事を読む
一歩先を行く 英国・米国のデジタルコマース化

一歩先を行く 英国・米国のデジタルコマース化

英米では、ともに宅配業者がスピードや時間指定の点において、あてにならないようです。また両国の物流や宅配事情によって、チェーンストア各社が何に投資しているかが違うと感じた現地視察でした。

記事を読む
「アマゾンエフェクト」で恩恵を受けるアメリカの消費者

「アマゾンエフェクト」で恩恵を受けるアメリカの消費者

「アマゾンエフェクト」と聞くと、競合店が窮地に追いやられるようなイメージがある。が、開拓者精神が根強く残るアメリカでは逆に刺激になっているようだ。米国在住の流通コンサルタントが米小売業界の最新事情をレポートする。

記事を読む
【楽天】(2) 「脱・通信販売」を見すえたM&Aにアクセル

【楽天】(2) 「脱・通信販売」を見すえたM&Aにアクセル

M&Aで巨大企業になった代表銘柄の楽天。大手国内インターネット通販(EC)サイト「楽天市場」で成長し、2017年4月までに国内で10件のEC関連企業買収を成し遂げた。が、2017年以降はEC企業の買収はなく、脱通信販売の傾向が強まっている。

記事を読む
今さら聞けない!マイクロソフトが買収する「GitHub」とは?

今さら聞けない!マイクロソフトが買収する「GitHub」とは?

マイクロソフトがソフト開発者向けウェブサービスのギットハブを約8200億円で買収する。数兆円の巨大買収が当たり前になっている昨今では驚くほどの額でもないが、話題になった今回の買収劇。マイクロソフトが手に入れたギットハブとはどんな会社なのか?

記事を読む
【アマゾン】急成長を続ける理由

【アマゾン】急成長を続ける理由

昨年、一人の男がフォーブス誌が公表している世界長者番付で史上7人目の首位に躍り出た。アマゾンドットコムの創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏だ。アマゾンは超巨大企業に成長し、今なお衰えることを知らない。その答えを探るべく、アマゾンの財務資料を分析した。

記事を読む
アマゾンはなぜ「打ち負かした」トイザラスを買おうとしたのか?

アマゾンはなぜ「打ち負かした」トイザラスを買おうとしたのか?

アマゾンがトイザラスの一部店舗の取得を検討していたと報じられた。狙いは「空き店舗の再利用」。なぜアマゾンはトイザラスの空き店舗に手を伸ばそうとしたのか。そこにはアマゾンを猛追するリアル店舗が進める「ネット通販戦略の大変革」への対抗があった。

記事を読む
CCCが主婦の友社を買収、出版業界もM&Aの波高し!

CCCが主婦の友社を買収、出版業界もM&Aの波高し!

CD・DVDレンタル、書店事業の「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が女性ファッション誌の中堅出版社、主婦の友社(東京都文京区)を買収した。構造的な出版不況の中、版元の淘汰が進むのは必至で、その過程でM&Aが避けられそうにない。

記事を読む
Amazonが買収したWhole Foodsとは

Amazonが買収したWhole Foodsとは

Amazonが自然食品のWhole Foods Market(ホールフーズ、WFM)を137億ドル(約1兆5,200億円)で買収との速報が出ました。ヤフーファイナンスをみると、6月17日現在でWFMの時価総額は$13.422B。買収価格が137億ドルと報道されているので、プレミアムは2%ほどと非常に低いことがわかります。

記事を読む
ネットとリアルの融合 アマゾンがホールフーズを買収

ネットとリアルの融合 アマゾンがホールフーズを買収

アマゾンがアメリカの高級スーパーのホールフーズを、1.5兆円で買収するそうです。アマゾンはあらゆるものをネットで販売する世界最大の小売店となりましたが、最近はリアル店舗にも力を入れており、これからのIT企業の方向性を示すものと言えます。

記事を読む
ジェフ・ベゾスがホールフーズを買収する意味

ジェフ・ベゾスがホールフーズを買収する意味

ジェフ・ベゾス率いるアマゾン・ドットコムが6月16日、食品小売り大手のホールフーズ・マーケットを137億ドル(1兆5000億円)で買収すると発表しました。アマゾンにとっても過去最大の買収となります。

記事を読む
世界最大の流通企業アリババ、ジャックマーが次に見ている世界

世界最大の流通企業アリババ、ジャックマーが次に見ている世界

世界最大のEC(電子商取引)プラットフォームを提供する中国のアリババ社。年間流通総額は50兆円と楽天の約20倍で、米小売り最大手のウォルマートを上回る。世界一を達成したアリババ創業者で会長のジャックマーは次にどんな世界をめざしているのだろうか。

記事を読む
ベンチャーM&A速報 (11)EコマースのJet.comをウォルマートが$3.3Bで買収

ベンチャーM&A速報 (11)EコマースのJet.comをウォルマートが$3.3Bで買収

米シリコンバレーを中心とする海外のベンチャーおよびテクノロジー関連のM&A情報を、TransCap代表で現地在住のコンサルタント坂崎昌平氏がレポート! 今回のハイライトは、EコマースのJet.comをウォルマートが$3.3Bで買収。詳しく見ていく。2016年8月1日週および8月8日週の動きをまとめました。

記事を読む
Amazonが20件の企業買収で強化しようとした領域を整理してみた

Amazonが20件の企業買収で強化しようとした領域を整理してみた

最近、TenMarksを買収したことでEdtechに進出か、と話題になったAmazon。ますます巨大化して生活の大部分に浸透し始めている。Amazonが買ってきた企業を見ると、今後どんな分野に力を入れていきそうか見えたりするのかも。そんなことをふと思ったのでまとめてみた。

記事を読む