ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

意外な子会社 仙台国際空港|日本初の民営化 その運営元は? 

alt
小規模ながら華やかな仙台国際空港ターミナルビル(CHENG FENG CHIANG/iStock)

東急グループの一員に

仙台国際空港株式会社における3社を中心とした現在の持株(議決権)比率は下表のとおりだ。

東急 42%
前田建設工業 30%
豊田通商 16%
東急不動産 9%
東急エージェンシー、東急建設、東急コミュニティー 各1%

(仙台国際空港株式会社ホームページより)

仙台国際空港は国や自治体が主体となって運営する空港ではなく、民間の国際空港であり東急グループの一員となった。完全民営化後の仙台国際空港は着実に黒字化を実現し、航空各社からも新しい空港の経営スタイルとして注目を集めている。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

2014年第1四半期TOBプレミアム分析レポート