セブン&アイホールディングス、イトーヨーカ堂の売却を否定

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
REUTERS

セブン&アイ、ヨーカ堂の売却否定 コンビニと食品事業で成長目指す

[東京 7日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングスの井阪隆一社長は7日の決算会見で、国内外のコンビニ事業と並んで食品事業は成長のための両輪だとし、現段階で総合スーパーのイトーヨーカ堂を売却したり、分離することを否定した。一方、百貨店のそごう・西武は売却を含めて検討していることを明らかにした。

そごう・西武は売却含めて検討

井阪社長は「イトーヨーカ堂が同一グループにあることが、競争力向上や将来の成長に資する」と明言...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

東芝の臨時株主総会で前例のない否決 2分割は白紙

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/3/26
2022.03.26

東芝の分割案と非公開化、米カルパースはどちらも反対

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/3/24
2022.03.24

米ファンド、親子上場を懸念 清水建設の日本道路TOBに延期を要請

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/3/22更新
2022.03.22

ノジマとスルガ銀、資本業務提携を解消

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/3/9
2022.03.09

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5