顧客体験をおざなりにした「カワスイ」は事業再生で集客力をつけられるか?

alt

「カワスイ(川崎水族館)」を運営するアクア・ライブ・インベストメント(東京都千代田区)とその関連会社2社が2022年3月28日東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請しました。再生スポンサーとして名乗りを上げたのがスマートフォン向けゲーム開発のイグニス(東京都渋谷区)。イグニスは融資を行うとともに、支援先の事業を譲渡するなどの方法で事業再生を行うとしています。

カワスイのオープンは2020年7月17日。コロナ禍でのオープンとなり、集客に苦戦することは明らかでした。ただし、オープン当初から水族館に対する来場者の評判は決して良いものではなく、リピーターも獲得しづらかったものと考えられます。

この記事では以下の情報が得られます。

・カワスイの概要
・人気を獲得できなかった理由

水族館の敏腕プロデューサーが手掛けたカワスイ

カワスイは日本リテールファンド(現:日本都市ファンド投資法人<8953>)が所有していた商業ビル「川崎ルフロン」の9-10階に入る、日本初の既存駅前商業施設併設型水族館です。ルフロンの9階にはもともとコナミスポーツクラブが入居しており、プールが併設されていました。基本的な配管やある程度の重さに耐えられる造りにはなっていました。2018年1月にマルイが閉店して全面リニューアルする際、不動産運用会社である三菱商事・ユービーエス・リアルティ(東京都千代田区)が水族館をテナントとして誘致する計画を立ててコンペを開始。2019年5月アクア・ライブ・インベストメントを事業者に指定したと発表しました。

アクア・ライブ・インベストメントの代表を務めるのが坂野新也氏。坂野氏は1973年の沖縄海洋博覧会水族館プロジェクト(現:沖縄美ら海水族館)への参画以来、50年にわたって水族館のプロデュースに関わってきた大御所です。「葛西臨海水族園」や「サンシャイン国際水族館」のリニューアルに携わってきました。坂野氏は73歳という年齢で会社を立ち上げ、カワスイの提案や運営に乗り出したのです。

アクア・ライブ・インベストメントは水族館の企画や運営をする会社ですが、名前が示す通り資金調達をして投資家に還元をする投資ファンドとしての側面も持っています。東京エネシス<1945>、丹青社<9743>などがアクア・ライブ・インベストメントに出資をしていました。水族館の資金調達手段は多様化しており、金融機関からの借り入れだけでなく、協賛する企業などを集めるようにもなっています。融資を含めて累計40億円を調達したとされており、坂野氏がトップに立っていたことの安心感が資金の呼び込みに大いに役立ったものと考えられます。

近年は「すみだ水族館」や「京都水族館」、リニューアルした「サンシャイン水族館」など、都市型の水族館に人気が集まっていました。カワスイが都市型の水族館だったことも期待を集めた一因です。

しかし、オープン直後からその評判は芳しいものではありませんでした。

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

NEXT STORY

「カワスイ」の事業を譲り受ける「イグニス」ってどんな会社?

「カワスイ」の事業を譲り受ける「イグニス」ってどんな会社?

2022/03/30

スマホ向けアプリの企画や、開発、運営を手がけるイグニスが、川崎駅前の商業施設内にある川崎水族館(カワスイ)の運営に乗り出す。スマホを活用した新しいエンターテインメント水族館は誕生するのだろうか。