ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【2019年第1四半期】日本企業M&A公表案件ランキング

alt

日本企業関連 公表案件 上位10位

順位 ランク日 被買収側企業 被国籍 (億円) 買収側企業 買国籍
1 2019年1月8日 ウィーワーク 米国 6,521.7 ソフトバンクグループ 日本
2 2019年2月28日 車好多集団 中国 1,664.6 ソフトバンク·ビジョン·ファンド 英国
3 2019年3月6日 グラブホールディングス シンガポール 1,633.7 ソフトバンク·ビジョン·ファンド 英国
4 2019年3月18日 ワンウェブ 英国 1,393.1 投資家グループ 日本
5 2019年1月24日 グレートウエスト・ライフ&アンニュイティー・インシュアランス 米国 1,315.1 プロテクティブ·ライフ 米国
6 2019年1月28日 サーモ フィッシャーサイエンティフィック 米国 1,248.6 PHCホールディングス 日本
7 2019年1月21日 トムトム テレマティクス オランダ 1,134.7 ブリヂストンヨーロッパ ベルギー
8 2019年2月11日 ニューロ 米国 1,031.4 ソフトバンク·ビジョン·ファンド 英国
9 2019年3月12日 バイオジェン·デンマーク·マニュファクチャリング デンマーク 989.5 富士フイルム・ダイオシンス・ビオテクノロジーズ 米国
10 2019年2月12日 カブドットコム証券 日本 876.9 KDDI 日本

出典:Refinitiv(リフィニティブ)

(注)公表案件ランキングは、トムソン・ロイターが認識している2018年1月1日から2019年3月29日の期間に公表された案件を対象としており、今期および昨年のデータは日本時間2019年4月1日10時に抽出したものである。ランキングにおける取引金額はすべて日本円で表示され、不動産案件は除外している。リーグテーブル対象となるのは、合併、買収、市場を介さない自己株式取得スピンオフ、公開買付による自社株買い、少数株主持ち分(50%以下)の株式取得、及びデット・リストラクチャリング案件である。

本件の詳細・その他のランキングは、こちらからどうぞ(PDFリンク)
https://www.refinitiv.com/ja/financial-data/company-data/deals-and-league-tables-data/league-table

本記事は、「Refinitiv 2019年第1四半期 M&A市場リーグテーブル<日本市場版>」より転載許可をいただいて一部掲載しています。

Refinitiv​ (リフィニティブ)

トムソン・ロイターのファイナンシャル&リスク部門は Refinitiv(リフィニティブ)に生まれ変わりました。

Refinitivは、トムソン・ロイターのファイナンシャル&リスク部門から名称変更し、独自のオープン・プラットフォーム、ハイパフォーマンス製品、クラス最高水準のデータを基盤に、新会社として誕生しました。過去に例のない業界の変化を前に、深い知識と客観性の伝統を生かし、お客様やパートナー各社とともにパフォーマンス向上とイノベーションを追求していきます。

Refinitivについて


NEXT STORY

廣済堂TOB、不成立に終わる

廣済堂TOB、不成立に終わる

2019/04/09

​中堅印刷会社の廣済堂(東証1部)は9日、同社に対して米投資ファンドのベインキャピタルが前日まで実施したTOBが予定数まで株式が集まらず、不成立に終わったと発表した。TOBへの応募株式数は目標の半分以下にとどまった。