SJIは、中国ソフトウエア開発子会社の聯迪恒星(南京)信息系統有限公司(LDNS、南京市。売上高34億円、営業利益5600万円、純資産17億4000万円)をMBO(経営陣による買収)方式で売却すると発表した。出資する89.3%のうち84.3%を同社董事の沈栄明氏や従業員で構成する南京徳富瑞管理咨洵有限公司(南京市)に譲渡する。

LDNSはSJIの中国オフショア開発事業の主要拠点の一つ。しかし、SJIは財務体質改善が喫緊の課題となっており、人件費上昇などコスト環境の変化で収益確保が難しくなってきたLDNSについては売却することにした。

譲渡価額は10億9000万円。譲渡予定日は2015年3月中旬。