M&A速報

SJI<2315>、ソフトウエア開発の香港SinoCom Software GroupをTOBで子会社化へ

2012/06/11

SJIは、日本企業向けオフショア開発を手がけるSinoCom Software Group Ltd.(英国領ケイマン諸島。売上高約70億円、営業利益約6億8500万円、純資産約77億4000万円)をTOB(株式公開買い付け)により子会社化すると発表した。SJIはすでに香港子会社の恒星信息(香港)有限公司を通じて、SinoCom Softwareの大株主であるChina Way International Limitedから同社株式40.5%を取得しており、TOBでは9.5%超(取得分40.5%と合わせて50%超)の取得を目指す。香港証券先物委員会による買収規則で、上場会社の30%以上を取得した場合、株主から株式を買い付けることが求められる。

SJIは20年以上にわたり日中間でのシステム開発を手がけており、SinoCom Softwareの株式取得は日本企業向けオフショア開発事業の拡大が狙い。

買付価格は1株あたり約11.5円で、買付価額は40.5%の株式取得分も合わせて約116億1600万円となる。買付期間は香港現地時間2012年6月11日から7月9日まで。

M&Aデータベース

関連の記事

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

2018/09/20

​登録仮想通貨交換業者であるテックビューロが保管しているビットコインなどの仮想通貨約67億円分が不正流出した。フィスコグループがテックビューロを子会社化し支援する。

【2018年1月  M&Aサマリー】買収・子会社化は44件…「適時開示」ベースで

【2018年1月 M&Aサマリー】買収・子会社化は44件…「適時開示」ベースで

2018/02/03

M&A関連の企業発表が2018年も1月早々から連日続いている。このうち経営権の取得を伴う買収・子会社化の案件は東証の「適時開示」ベースで44件(M&A Online編集部集計)。6000億円超の大型M&Aや、買収資金の一部に仮想通貨を充てるレアなケースもあった。

LINEが仮想通貨事業に参入 参入企業増えればM&Aも

LINEが仮想通貨事業に参入 参入企業増えればM&Aも

2018/01/31

無料の通話やメールが楽しめるアプリを手がけるLINEが仮想通貨事業に参入する。多くの若者が利用するアプリ内で仮想通貨のやりとりできるようになると、利用者は一気に増えそうだ。同分野への参入企業が増えれば、M&Aも表面化しそう。

仮想通貨とは...eワラント証券買収でM&A資金に充てる例も

仮想通貨とは...eワラント証券買収でM&A資金に充てる例も

2018/01/30

仮想通貨とは紙幣や硬貨は存在せず、パソコンやスマートフォンなどを用いて物の売買ができる通貨。発行や流通などに国家や企業は関わっておらず、無料か格安の手数料で送金できるというメリットがある。M&A資金に充てる例も出てきた。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア