M&A速報

SJホールディングス<2315>、金融関連商品事業の中国子会社をMBOで譲渡

2008/05/15

SJホールディングスは、金融商品を販売する中国の福建聯迪商用設備有限公司(福州市。売上高28億3000万円、営業利益1億2100万円、純資産18億5000万円)の出資持分すべて(51.0%)を、現地経営陣が100%出資する投資会社Smartview Resource Limited(英国バージン諸島)に譲渡することを決議した。

福建聯迪商用設備は、中国において税収コントロール・レジスタ製品関連やATM・POS電子決済支払機関連事業を手がけてきた。一定の成果を上げたものの、同国政府の政策変更や価格競争の激化などを背景に今後の成長には多くのコストがかかる見通しとなった。そのため、SJホールディングスは経営資源の効率化と早期の業績回復のため譲渡が最善と判断した。

譲渡価額は約9億500万円。譲渡予定日は2008年6月16日。

M&Aデータベース

関連の記事

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

2018/09/20

​登録仮想通貨交換業者であるテックビューロが保管しているビットコインなどの仮想通貨約67億円分が不正流出した。フィスコグループがテックビューロを子会社化し支援する。

【2018年1月  M&Aサマリー】買収・子会社化は44件…「適時開示」ベースで

【2018年1月 M&Aサマリー】買収・子会社化は44件…「適時開示」ベースで

2018/02/03

M&A関連の企業発表が2018年も1月早々から連日続いている。このうち経営権の取得を伴う買収・子会社化の案件は東証の「適時開示」ベースで44件(M&A Online編集部集計)。6000億円超の大型M&Aや、買収資金の一部に仮想通貨を充てるレアなケースもあった。

LINEが仮想通貨事業に参入 参入企業増えればM&Aも

LINEが仮想通貨事業に参入 参入企業増えればM&Aも

2018/01/31

無料の通話やメールが楽しめるアプリを手がけるLINEが仮想通貨事業に参入する。多くの若者が利用するアプリ内で仮想通貨のやりとりできるようになると、利用者は一気に増えそうだ。同分野への参入企業が増えれば、M&Aも表面化しそう。

仮想通貨とは...eワラント証券買収でM&A資金に充てる例も

仮想通貨とは...eワラント証券買収でM&A資金に充てる例も

2018/01/30

仮想通貨とは紙幣や硬貨は存在せず、パソコンやスマートフォンなどを用いて物の売買ができる通貨。発行や流通などに国家や企業は関わっておらず、無料か格安の手数料で送金できるというメリットがある。M&A資金に充てる例も出てきた。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア