大型のM&Aが業績を左右

小林製薬は創業者である小林忠兵衛氏が1886年に、名古屋市で雑貨や化粧品の店・小林盛大堂を創業したのが始まり。1912年に大阪市に小林大薬房を設立。さらに19年には小林盛大堂と小林大薬房を合併し、小林大薬房を創立した。1940年に製剤部門を分離し小林製薬を設立し、56年に現在につながる体制が整った。

その後いくつものM&Aを実施してきた。主なものだけでも2001年のカイロ製造販売会社・桐灰化学の子会社化や、06年のアイルランドの医療機器製造販売会社eVent Medical Ltd.の子会社化、13年の医薬品・医薬部外品・化粧品の製造販売会社・六陽製薬と化粧品の製造販売会社・ジュジュ化粧品の子会社化などがある。

さらに16年の米国の一般用医薬品・化粧品の企画販売会社Perfecta Products,Inc.の子会社化や、19年12月期を最終年度とする中期経営計画中に実施した案件などが続く。

その19年12月期の業績は売上高1730億円(前年度比3.3%増)、営業利益273億円(同3.8%増)、当期純利益190億円(5.4%増)の予想。配当は2円増配の68円を見込む。実現すれば、22期連続の当期純利益増益、21期連続の増配となる。

大型M&Aを目標に掲げる2020年12月期から2022年12月期の業績はどう推移するだろうか。小林製薬にとって、これまでに経験したことのない大型のM&Aが実現すれば、これが業績を大きく左右することは間違いない。その日は着々と近づいている。

小林製薬の沿革と主なM&A
1886年創業者・小林忠兵衛氏が名古屋市に雑貨や化粧品の店・小林盛大堂を創業
1912年大阪市に小林大薬房を設立
1919年小林盛大堂と小林大薬房を合併し、小林大薬房を創立
1940年製剤部門を分離し小林製薬を設立
1956年小林製薬を合併し社名を小林製薬に変更
1972年米国のC.R.Bard,Inc.と業務提携し日本メディコを設立
1976年日本メディコをC.R.Bard, Incとの合弁会社・メディコンに変更
1983年製造拠点として富山小林製薬を設立
1988年製造拠点としてエンゼルを子会社化
1993年製造拠点として仙台小林製薬を設立
1999年大阪証券取引所市場第二部に上場
2000年東京証券取引所市場第一部に上場、大阪証券取引所市場第一部に指定
2001年カイロ製造販売会社・桐灰化学を子会社化
2002年上海小林友誼日化有限公司を完全子会社化
2003年日立造船から健康食品事業の営業権取得
2005年笹岡薬品から女性保健薬「命の母A」の独占販売権取得
2006年アイルランドの医療機器製造販売会社eVent Medical Ltd.を子会社化
2006年米国のカイロ製造販売会社Heat Max, Inc.を子会社化
2008年石原薬品工業からビスラットゴールドの商標権取得
2011年eVent Medical INC.の全株式を譲渡
2011年台湾に台湾小林薬業股份有限公司を設立
2012年米国のカイロ製造販売会社Grabber, Inc.を子会社化
2012年小林メディカル株式の80%を三菱商事に譲渡
2013年医薬品・医薬部外品・化粧品の製造販売会社・六陽製薬を子会社化
2013年日本メディカルネクストの全株式を三菱商事に譲渡
2013年化粧品の製造販売会社・ジュジュ化粧品を子会社化
2015年七ふく製薬から丸薬七ふくブランドを譲受け
2016年グンゼ株式会社から「紅麹事業」譲受け
2016年米国の一般用医薬品・化粧品の企画販売会社Perfecta Products,Inc.を子会社化
2017年南アフリカのユニオンスイス社からバイオイルの独占販売権取得
2018年中国の医薬品製造販売会社・江蘇中丹製薬有限公司を子会社化
2019年梅丹、古式梅肉エキスの梅丹本舗を子会社化

文:M&A online編集部