ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

社長、会社を売ろうと思ったことありますか?ベンチャー社長100人に直接聞いてみました。

alt

売却をひそかに考えている社長は意外に多い

アンケートの結果、売却を考えたことのある社長は約2割。

どうですか。思ったより、多いですか?少ないですか?

では、それぞれの回答を見てみましょう!

■考えたことがある社長

・普通のこと・日常のこと
・社員を幸せにするための一つの選択肢
・常に考えている。いい会社があれば検討したい
・考えたことはあるし、実際している
・売上が上がっているとき。自分で新しいことをしたい
・同業となら連携できそうなので
・将来的な展開としては考えている

考えたことのある社長の意見としては、当たり前ですが、会社を存続させるための手段として考えている方が多かったです。“事業を売却して会社を存続させる” “同業に売却することで事業を存続させる”…など。

「最初から(企業存続を考えずに)その領域の知見を深めるために参入したんだ。まずは自分でやってみなきゃわからないしね。だから、事業自体には固執してなくて、なんとなく肌感覚で領域を理解したタイミングで声がかかったんで、売却したんだ」。

こんな声もありました。

確かに。将来的に売却を検討しながら立ち上げるのも“あり”ですよね。シリコンバレー的思考!こんな考えの社長も日本にでてきているんですね。夢が広がります。

一方、考えたことがない社長は、どんな意見だったでしょうか?

■考えたことがない社長

・オファーはあるけど答える気がない
・今後も考えることはない
・会社は自分の分身
・まったくない。3年前10億円を提示された(が断った)。
・イメージがつかない

売却を考えたことのない社長の意見としては、そもそも売却はしたくないというスタンスです。売却を考えないし、考えたこともないという社長が多数でした。

その中でも「会社は自分の分身」という言葉は印象的でした。自分で立ち上げた会社はだれにも譲りたくないという固い意思を感じました。

……でも実は、「ない」と答えた社長の意見には、こんなものもあったんです。

・今のところはない
・まだないが、いつどうなるかわからない
・まだ小さいので
・ゆくゆくは考えたい
・業績次第で考えるかも
・べらぼうな数字だったら考える。20億とか
・個人として1億くらい資産がもらえるなら…(笑)

…ん? これって、「ない」と分類するには微妙なラインだとは思いません?

売却金額やキャピタルゲインの話は、多少冗談も含まれているでしょうが、そのほかの意見も、「条件が整えば考える」「会社が大きくなったら考える」ととらえれば、将来的な選択肢としては“売却も考えられる”という意見にも読めますよね。

こうした微妙な「ない」という意見の社長は10人以上もいたんです。

どうでしたでしょうか?

アンケートから浮き彫りになったのは、程度の差はあれ、売却をひそかに考えている社長は数字が明確に示す以上に実は多いという実態ではないでしょうか。

他では聞けないベンチャー社長の悩ましきホンネが透けて見えたような気がしませんか。

「バスに乗り遅れるな」などと考える必要はないでしょうが、少なくも将来的に経営の選択肢を広く持とうとすることは、賢明なことかもしれませんね。

取材 : INOUZTimes編集部 堀井達也
本記事は、INOUZTimesより転載しております。

関連リンク
【M&Aインサイト】日本の子会社買収(売却)市場:上場企業間の取引の実証分析
【現場の声】ベンチャーとIPO、そしてバイアウトによるイグジット その1
【500 Startups Japanトップインタビュー】<3>500 Startupsが描くM&A促進のビジョンとは?

INOUZTimes

INOUZTimesは、経営にまつわる共感と気づきを提供するニュースメディアです。経営と経営者のリアルを配信することで、経営者の孤独感の払拭やビジネスパーソンの次の一手を支援します。


NEXT STORY

企業評価の算定結果と実際の売買価額はなぜ違うのですか

企業評価の算定結果と実際の売買価額はなぜ違うのですか

2016/10/06

証券取引所において日々取引される時価にもとづいて会社の価値が把握できる上場会社と異なり、非上場の中小企業の場合、「企業価値はどうやって算定するのだろう」と疑問に思われる経営者も多いのではないでしょうか。今回は中小企業の企業評価について取り上げてみたいと思います。