私が勤める非上場・オーナー経営の会社が同業種の大手企業に買収されることになりました。雇用や給与は守られるのでしょうか?

A:通常のM&Aなら心配ナシ

 買収が成立したということは、その大手企業があなたの会社の収益性に魅力を感じたからです。結論から言えば、雇用も給与も維持されます。通常の経営感覚を持った経営者であれば、収益性が見込める買収先組織の雇用条件を変更するケースはありません。

 実はM&Aにおいては、買収された側よりに、買収した方の不安が大きいものです。なぜなら買収した企業を通じて、投資したお金に見合う収益を上げなければならないからです。

 企業が収益を上げるためには従業員は不可欠です。ですから、不採算企業(事業)のM&Aでない限り、経営が順調な会社のM&Aで雇用や給与を不用意に変えて波風を立てることは得策ではありませんから、一般的に考えにくいでしょう。

 一般に自分の会社を売却するオーナー経営者は、従業員の雇用の事をとても心配されており、むしろそれが最も大事という方も多いです。

 自社の従業員を大事にしてくれるかどうか、相手をじっくり見極めて買収先を決断します。そういった観点から考えても、雇用や給与について、心配されなくてよいと思います。

まとめ・M&A Online編集部
※本回答は編集部がM&Aの実務家への取材によりまとめたものです。