menu
Social media

【専門家が答えるM&A相談】会社が買収されることになりました。雇用や給与は守られる?(中小企業社員)

Cover 998b7761 162a 4dac a95c 107584495010
画像はイメージです。

私が勤める非上場・オーナー経営の会社が同業種の大手企業に買収されることになりました。雇用や給与は守られるのでしょうか?

A:通常のM&Aなら心配ナシ

 買収が成立したということは、その大手企業があなたの会社の収益性に魅力を感じたからです。結論から言えば、雇用も給与も維持されます。通常の経営感覚を持った経営者であれば、収益性が見込める買収先組織の雇用条件を変更するケースはありません。

 実はM&Aにおいては、買収された側よりに、買収した方の不安が大きいものです。なぜなら買収した企業を通じて、投資したお金に見合う収益を上げなければならないからです。

 企業が収益を上げるためには従業員は不可欠です。ですから、不採算企業(事業)のM&Aでない限り、経営が順調な会社のM&Aで雇用や給与を不用意に変えて波風を立てることは得策ではありませんから、一般的に考えにくいでしょう。

 一般に自分の会社を売却するオーナー経営者は、従業員の雇用の事をとても心配されており、むしろそれが最も大事という方も多いです。

 自社の従業員を大事にしてくれるかどうか、相手をじっくり見極めて買収先を決断します。そういった観点から考えても、雇用や給与について、心配されなくてよいと思います。

まとめ・M&A Online編集部
※本回答は編集部がM&Aの実務家への取材によりまとめたものです。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


中小企業

NEXT STORY

【M&Aの現場】ドラッグストアを支えてきた夫婦の決断

【M&Aの現場】ドラッグストアを支えてきた夫婦の決断

M&Aというと海外を舞台にした大がかりなもの、と考える人も多いが、国内の中小企業でも実は盛んに行われている。後継者不在の地方都市にて、ドラッグストアチェーンを営む夫妻の例を見てみたい。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c