ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【専門家が答えるM&A相談】(第3回)相続税を節税するために、利益を減らして自社の株価を下げる対策をしたほうがいい?

alt
画像はイメージです。

間もなく息子に株式を譲り、引退することを考えています。知人から「相続税を節税するために、利益を減らして自社の株価を下げる対策をしたほうがいい」と言われましたが正しいのでしょうか。( 相談者:76歳・会社オーナー)

企業価値の向上と矛盾する節税のための株価対策は本末転倒です。

 自社株の評価が上がると、贈与または相続税が高くなります。それを防ごうと、「株価対策」を行おうとする企業は少なくありません。

 税理士や公認会計士、コンサルタントなどの中には、オーナー経営者に対して「赤字を出して、評価額を下げましょう」といった提案をするところもあります。もちろん、それはできないことではありません。ただ、そればかりに気を取られてしまうと、会社の価値向上を阻害することになりかねません。

 赤字を出してでも自社の価値を下げようとすることは、付加価値の高い製品やサービスを提供することや、世のため、人のために貢献していこうという発想ではありません。私自身、そのような相談を受けても「無理に赤字をつくるようなことは本末転倒です。やめたほうがいい」と答えています。
そして、「毎日毎日、利益を上げよと社員にげきを飛ばしながら、決算前になるといきなり、利益を減らしたいと言うのは矛盾していませんか」と問います。

 贈与や相続も同じです。事業承継となった途端に、株式の評価減の為に、資産構成を変化、複雑化させると言われては社員のモチベーションも下がりかねません。何より、後継者の最初の仕事が節税というのでは、残念です。

 もちろんオーナー経営者の方々の気持ちは分かります。ハッピーリタイアをしたいのであれば、役員退職金をもらうという方法もあります。自分が個人保証をして業績を上げて育ててきた会社です。会社にちゃんと蓄積があるなら、そこからもらうのは当然です。自分がこれだけのことをやったのですから、堂々ともらえばいいわけです。税率も20~25%の分離課税で済みます。事業に精一杯力を注いで利益を出し、会社の価値を上げましょう。

 役員退職金のほかに、評価してくれる企業にM&Aで売却する方法もあります。子どもに承継はできないかもしれませんが、オーナー経営者の手元には一定の現金が残ります。オーナーが大きなキャッシュを手にできる機会は、退職金とM&Aの2つだけです。リタイア後の自分自身の人生を豊かにするという視点で考えることも大切だと思います。

回答者:税理士・本郷 尚/編集:M&A Online編集部

関連記事

■第1回:そろそろ事業承継や相続のことを考えたほうがいい?
■第2回:息子に会社を譲る以外にどんな方法がありますか。
■第4回:外部の企業に会社を譲渡するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

著書紹介『こころの相続 幸せをつかむ45話』(言視舎刊)

相続は子の権利ではなく、親からのギフト――。実際のケースを多数見てきた本郷氏が読む者に語りかける相続のツボ。相続に直面した家族に何が起こり、どう決断し、その後の人生をどのように歩んでいったのか? テクニックに頼る相続本とは違い、「自分だけではなく家族も幸せになる」アイデアを満載した一冊。
著書概要・購入はこちらから http://www.tactnet.com/publication/book35.html

本郷 尚 (ほんごう・たかし)

株式会社タクトコンサルティング会長・税理士
税理士法人タクトコンサルティング
詳しくはこちらから http://www.tactnet.com/

1973年 税理士登録
1975年 本郷会計事務所開業
1983年 株式会社タクトコンサルティング設立 代表取締役就任
2003年 税理士法人タクトコンサルティング設立 代表社員就任
2012年 株式会社タクトコンサルティング 会長就任
相続、贈与、事業承継、土地活用、財産管理を中心とした資産税専門の税理士。講演・執筆などでも各方面で活躍中。


NEXT STORY

相続に関するオーナー経営者の3つの勘違い

相続に関するオーナー経営者の3つの勘違い

2015/11/18

なぜ、相続において親族間でトラブルが発生しやすいのか? 最大の要因は、「財産にはさまざまな種類がある」という点にある。専門家が解説する。