ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

社長、会社を売ろうと思ったことありますか?ベンチャー社長100人に直接聞いてみました。

alt

「社長、会社を売ろうと思ったことはありますか?」

INOUZ Times編集部では今回、他人にはなかなか話せない、こんなセンシティブなテーマをベンチャー社長100人に直接聞いてきました。

回答してくださった社長のみなさま、本当にありがとうございました!もちろん社名・社長名は非公開とさせていだきます。

一体、どんな回答が寄せられたと思いますか?

アンケートした経営者のデータは以下の通り。(平均値 N=100)
平均設立2006年
平均社長歴9年
平均年齢40歳
平均売上13億
平均従業員数95名

「日本でもIPOではなく、(会社や事業の)売却をひとつのEXITと考える経営者が少しずつ増えていますよ」

最近、あるIPOコンサルティング企業の幹部がこんなことを言っていました。

アメリカ・シリコンバレーではEXITの選択肢として、バイアウトが当たり前の考えになりつつあるという見方のようです。

確かに、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)の増加にもみられるように、日本でも大手企業や上場企業を中心に昨今、ベンチャー企業との連携など、成長の種を外部に求めるマインドは確実に強まっていますよね。こうした、「ベンチャー企業が売却を考える時期としては、“悪くない”」という環境も、関係しているのでしょうか。

ただ、くだんのコンサルティング会社幹部によると

「社内に情報がもれた時の悪影響を考えるので、経営者は検討している事実も口にできず、ひとりで悩んでいる」

とのことです。

確かに、そうですよね。

だからこそ、実態を知りたい!

そこで、売却という選択肢をほかの社長はどう考えているのか?ベンチャー社長100人に実際に聞いてみました。

ご覧ください。社長、会社を売ろうと思ったことありますか?

【次のページ】売却をひそかに考えている社長は意外に多い

NEXT STORY

【中小企業のM&A】企業評価と実際の売買価額はどう違う?

【中小企業のM&A】企業評価と実際の売買価額はどう違う?

2016/10/06

証券取引所において日々取引される時価にもとづいて会社の価値が把握できる上場会社と異なり、非上場の中小企業の場合、「企業価値はどうやって算定するのだろう」と疑問に思われる経営者も多いのではないでしょうか。今回は中小企業の企業評価について取り上げてみたいと思います。