menu
Social media

ビジネス

【現場の声】譲渡後の取引先との関係性はどうなる?~M&A相談所~その時どうする?

Cover bdf0fb13 9f6d 4246 bb91 326aeae32d97
※画像はイメージです

Q:会社を譲渡した後、
取引先との関係性はどうなりますか?

 68歳、近畿地方で食品卸売業を営んでいます。戦前に父が開業した会社を引き継ぎ、はや40年。いつか誰かに譲らなければ……と思いながら、この年齢になってしまいました。後継ぎはいませんし、会社をM&Aで譲渡することに異存はありませんが、一つ懸念するのが、譲渡後の取引先との関係性です。私がM&Aで会社を譲渡したら、買い手企業に仕入先を変えられてしまう、などということは起こらないでしょうか?

 数十年前に取引先が倒産して大変な危機に陥りまして、そのときにBという会社だけが掛けの取引に応じてくれました。B社への恩義を忘れず、「人で取引をする」という理念を掲げ、信用を重視して会社を大きくすることができました。私は譲渡後もB社をはじめ、既存取引先との取引を継続してほしいのですが、その点はどうなるのでしょうか?

(岡山県 食品商社 H・M さん)

A:取引先も会社の重要な資産。
取引継続だけでなく、相乗効果を目指すのが買い手企業です。

 取引先との信頼関係、またそれだけでなく従業員と会社の関係など、企業の価値は財務諸表だけでは測れません。社長が会社の顔である場合も多く、M&Aで別の会社の傘下に入ると、そのつながりが断絶してしまうのではないかと心配される方は多くいらっしゃいます。

譲渡された経営者に聞く

NEXT STORY

【M&Aインサイト】表明保証保険

【M&Aインサイト】表明保証保険

欧米ではかなり普及しており、近年日本企業によるアウトバウンドのM&A においても、その利用を検討する機会が増えてきている表明保証保険。M&A取引を成立しやすくするその機能とは、何か今回は表明保証保険を紹介する。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c