menu
Social media

法律・マネー

【専門家が答えるM&A相談】(第4回)外部の企業に会社を譲渡するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

Cover da5a6267 4c82 4404 ba1e 6304602c0d23

夫が会社を経営しています。最近は、子どもなどに会社を継がせるのではなく、M&Aによって、外部の企業に会社を譲渡するオーナー経営者が増えていると聞きました。どのようなメリットがあるのでしょうか。(相談者:70歳代・女性)

相続における「争族化」を防ぎ、事業を継続させやすくなります。

 中小企業の事業承継において、M&Aによる会社譲渡を行うケースが増えています。メリットはいくつかあります。

 例えば、相続にまつわるもめ事を減らす効果があります。個人の相続ではよく「争族」になると言われますが、企業においては株式が分散化することから、さらに「争続化」が深刻です。子どもが3人も4人、孫まで含めると10人以上もいるといった場合には、「争続化」が起こらないほうが珍しいでしょう。

 特に現金ではなく、不動産や株式を相続する場合には、もめがちです。息子さんや娘さんだけでなく、その配偶者、さらにはその子ども(孫)たちとなると、なかなかまとまりません。私が経験した案件では、関係者が外国人と結婚し、海外に住んでいるというケースもありました。この場合、海外の弁護士を立てて、その権利を主張してくることになります。解決までに時間も掛かります。

 関係者が多くてまとめるのが大変そうだ、後継者としてもふさわしい人間がいない、という場合には、M&Aで解決できることが多いのです。

相続・事業承継

NEXT STORY

【M&A相談所】非公開企業の株主です。第三者に売却は可能ですか ~その時どうする?

注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c