menu
Social media

【専門家が答えるM&A相談】不採算事業の売却を検討。従業員ごと売却先に移ってもらうには?(大手企業役員)

Cover 5e2c809c eee3 438d 9292 8e3533fe2161
画像はイメージです。

Q:不採算事業の売却を検討しています。その事業に従事する従業員100人は配置転換が難しいため売却先に移ってもらいたいと考えています。法律・会計面の注意点は?(相談者:大手企業の役員・50歳)

A: 取引不成立の可能性が大きいといえます。

まず、買収する側は事業の収益性を期待していますので、不採算事業の原因が人員コストであれば、従業員全員を引き受けることは考えにくいと言えます。

もちろん、自社で従業員のリストラをしたくないという心情はわかります。このような希望は特に大企業を中心に、よく聞かれます。

しかし、買う側の企業にとってもリストラしたくないというのは同じです。あの企業に買われたらリストラされた、といった噂が立てば、名誉なこととは言えません。

結局、このような不採算事業の売買のケースでは、法律・会計面の問題が起こる以前に、従業員をそのままで買って欲しいという売り手側と、適切なリストラを行った上で売って欲しいという買い手側の押し問答で終わるということがほとんどです。

ただし、もしも余剰人員が数人といったように、引き受け先の許容範囲であれば、取引が成立する可能性もあります。とはいっても余剰人員がいるのであれば、譲渡金額についての譲歩は必要となるでしょう。

まとめ:M&A Online編集部

※本回答は編集部がM&Aの実務家への取材によりまとめたものです。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


M&A基礎知識

NEXT STORY

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

鬼門が決定的になった破綻会社から、良くないことが現実化してしまった会社、鬼門から直ぐに退避すべき18社を取り上げました。ワールド・ロジ、青木建設、エルピーダメモリ、NOVA、真柄建設、日本航空、カッパ・クリエイト、ワタミ、あきんどスシロー、パナソニック、シャープ、ニッセンホールディングス、コロワイド、ゼンショーホールディングス、サンデー、イオン、井村屋グループ、三越伊勢丹ホールディングスです。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333