【M&A相談所】会社を譲渡する場合、息子も退社すべき?

alt
※画像はイメージです

Q:息子が会社にいたらM&Aはできない?

 会社を社内にいる息子に継がせるのではなく、M&Aも視野に入れてよいかと考えるようになりました。私は長男を自分の後継者とすべく、5年前に入社させ育ててきました。息子は大手メーカーで武者修行をさせていたので技術力はあり、ある程度の役職にも据えました。

 しかし、親の目から見ても経営者としての覚悟や行動が伴っているようには感じず、従業員たちからの信頼もあまり得られていません。本人はこれまで「俺が跡を継がないならほかに誰がいる?」と申していましたが、腹を割って話したところ、本人の意向としては経営者よりも技術者として働いていきたいのが本音だったようです。

 そこで質問です。もしM&Aで会社を譲渡する場合、創業者は退いて後継者に完全に譲るべきだと考えておりますが、息子も会社を去らねばならないのでしょうか?(愛知県 自動車部品メーカー N・Tさん)

NEXT STORY

【ストックオプション事例研究】モバイルファクトリー新株予約権(有償ストックオプション)発行

【ストックオプション事例研究】モバイルファクトリー新株予約権(有償ストックオプション)発行

2016/09/03

今回は、モバイルファクトリーの有償新株予約権を見てみる。 この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されている。同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5