ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

顧問先からのM&A相談は誰が受けたらよいか

alt
※画像はイメージです

Q:顧問先企業のオーナーから、後継者がいないので会社を誰かに譲りたいと相談されました。

金沢で父が30年前に開設した会計事務所を引き継いで経営しています。

父の代からの顧問先企業はご高齢の経営者が多く、先日もある会社から「引退をしたいが後継者がいない。どこか引き継いでくれる会社はないだろうか」というご相談をいただきました。しかも「体裁もあるので地元以外の会社で探してほしい」とのことです。

当事務所にとって、他エリアでのお相手探しは至難の業です。ほかの会計事務所の方々はM&A相談についてどのように対応されているのでしょうか? (石川県 会計事務所 N・Yさん)

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【M&Aインサイト】事業の譲受会社が標章を続用したことにより会社法 22 条1 項(商号続用責任)の類推適用が認められた裁判例

【M&Aインサイト】事業の譲受会社が標章を続用したことにより会社法 22 条1 項(商号続用責任)の類推適用が認められた裁判例

2016-03-28

森・濱田松本法律事務所の「Client Alert」のM&AOnlineでの配信2回目。今回は、事業の譲受けにおいて商号続用責任の類推適用が認められた裁判例を紹介する。