池澤あやかの「M&Aって、ホントはどうなの?」|ストライク・荒井邦彦社長に聞く 

alt
ストライクの荒井邦彦社長(左)を池澤あやかさんが直撃

良い仲人がいると、M&Aの成功確率が上がる

池澤    私の知っているM&Aのケースですと、会社やサービスを売ったベンチャーは直接、(相手方の)門を叩きに行って可能性があるところとやり取りしているイメージだったので、ストライクのような仲介会社が存在するとは知りませんでした。

荒井    そうかもしれませんね。我々のようなM&A仲介会社は、事業承継とセットで見られることが多く、オールドな業界に特化していると誤解されているかもしれません。

池澤    ベンチャー・スタートアップ系の事例もあるということですよね。

荒井    実際、ベンチャーからの相談も多く、成功例も多いので、偏見を持たず相談していただきたいですね。実は、M&Aは、この(仲介という)ステップを踏まないとトラブルになる落とし穴的なものが結構あるので、直接交渉だと気づかず失敗してしまうことが少なくありません。正しい知識と技術を持つM&A仲介会社が入った方が、成功確率は上がりますね。

池澤    私の周りでもうまくいった会社と、うまくいかなかった会社の両方があります。うまくいかなかった会社は、カルチャーマッチが大変というイメージがありますが、そこは、どうすれば落とし穴に落ちずに済みますか?

荒井    事前に何度も議論も戦わせて相手との相性を探ることが、とても大切です。対話を重ねれば、普通はカルチャーが合わないことくらい気付きます。だから、カルチャーマッチで失敗する企業は、合わないと感じていながら「条件が良いから乗っちゃえ」みたいに進めてしまったことが原因だと考えられます。経営者1人で考えると近視眼的になりやすいので、我々のような話し相手が必要となるのではないでしょうか。

池澤    VC(ベンチャーキャピタル)から、いつまでに売らないとみたいなプレッシャーをかけられる経営者もいるのでしょうね。やっぱり複数の会社と並行して交渉するには体力も気力も必要ですから、そこで疲弊して失敗するくらいなら、仲介会社に相談したほうが良さそうですね。

経営に迷ったら、M&Aのプロに相談する選択肢がある

池澤    ベンチャーは業歴が浅く、市場価値の評価が難しい印象があります。どういった評価基準で判断してマッチングさせているのですか。

荒井    歴史の長い会社は、よくも悪くも数字が読めるので株価も決めやすいのは事実です。アーリーやシーズに近いほど、価値判断は難しくなります。価値評価が難しい場合、最後は当事者同士で話し合って納得する以外ないというのが、我々の考え方です。

株価はいろいろなファクターで決まりますが、将来性をどう見るかは買い手側の視点もありますし、この条件以下では売りたくないという起業家のメンツもあるので、判断する人によって評価はまったく違います。よくエクイティストーリーと言いますが、IPOする前提の株価なのか、それともM&Aで買い切って社内部門になる前提の株価なのかでも判断に違いも出てきます。

池澤    そうだとすると、やはり社長が背負い込むより専門家に相談するカルチャーが必要かもしれませんね。少し話は変わりますが、ベンチャーがM&Aを考えたほうがいいタイミングがあれば、教えていただけますか。

荒井    なかなか難しい質問ですね。それは手がけている事業の状況と、世の中の環境で変わるというのが答えです。例えば、業績が絶好調でも、リーマンショックだったら買ってくれる会社はありませんよね。M&Aを決めるタイミングは、自分の気持ちもあるけれど、世間の気持ちも大事です。世間の気持ちをコントロールできない以上、最終的には自分の気持ちで決めるわけですが、プロレス会社の事例のように、自社の限界を感じたときとか、そういうタイミングはあると思います。

池澤    会社の将来性に悩んでいるベンチャーの経営者が、今すぐ売却したいわけではないけれど、そこも見据えて経営相談したいことはあると思います。そういうとき、敷居を下げて相談しやすい仕組みとかありませんか?

荒井    我々も何でもかんでもM&Aがいいとは言いませんよ(笑)。相談は無料ですし、「がんばって上場した方がいい」と思えば、そうお話します。

池澤    無料なんですか(笑)。

荒井    仲介を依頼していただいた段階で費用は発生しますが、それも手数料5%で消費税より安いですから、どんどん相談に来て欲しいですね。

池澤    M&Aってハードルが高いと思っていましたが、案外敷居が低いんですね。ベンチャーの経営者にとっても相談しやすくなり、プロの視点で自分では気付かないM&Aの可能性に出会えるかもしれませんね。

◎荒井 邦彦(あらい・くにひこ)
1997年にM&A仲介・助言専門会社、ストライクを設立。インターネット上に日本初のM&A市場「SMART」を立ち上げた。

◎池澤 あやか(いけざわ・あやか)
2006年に第6回《東宝シンデレラ》審査員特別賞受賞。同年、映画『ラフ』でデビュー。映画『あしたの私のつくり方』(07年)、『デトロイト・メタル・シティ』(08年)、ドラマ『斉藤さん』(NTV/08年)、土曜ワイド劇場『刑事殺し』(ABC/07年~08年)など出演。現在は“プログラムができるタレント”という特技を生かし、IT関連のイベントMCや審査員として活躍中。

【インタビューを終えて…池澤あやか】

ベンチャーの人たちから聞いていた話ではM&Aは会社や事業をお金に変える手段というイメージでしたが、荒井社長の話を聞いて見方が変わりました。特に、余命宣告を受けた中小企業さんのエピソードとか、まさに「M&Aは、人の想いでできている」って感じました。そういうM&Aの魅力を、この連載を通じてたくさんの人に伝えていきたいと思いました。

企画:ストライクIT業界チーム(最新情報はこちら

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「M&A仲介会社」を介することで得られるメリット

「M&A仲介会社」を介することで得られるメリット

2021/01/20

中小企業経営者が独自にM&Aを行うことも不可能ではありませんが、M&A仲介会社など専門家に依頼すれば、手続きの遂行やリスクマネジメントも総合的に支援してもらえるので、M&A全体としての最適化、効率化が実現できます。