10 月から連載してきた本企画も、本稿が最終回である。第7回のテーマは、最後にふさわしく、「ポストM&A成功の7要素」としたい。これまでの連載記事では、ポストM&Aを成功に導くtipsについて述べてきた。中でも、知っていればすぐに役立つ、すぐに使えるような内容に焦点を当ててきた。今回はそれらも包含する、ポストM&A成功の全体像をまとめる。

ポストM&Aを成功に導く7つの要素とは

まず、ご自身で30秒でも考えていただきたい。ポストM&Aを成功に導くためには何が必要だろうか? 何を押さえておけばよいだろうか? おそらく、「統合計画が大事だ」とか、「企業文化を尊重すべきだ」とか、「ガバナンスの設計が必要だ」とか、あるいは、人によっては、「買収前のM&A戦略が最も重要だ」と言うかもしれない。もちろん、いずれの考えも間違いではない。

だが、考えるべきは、「それら要素がポストM&A成功にどう影響しているのか?」ということだ。各論を挙げることは難しくない。自社の事例でも他社の事例でも何かしら思い出せば、容易にポストM&Aの成否に影響を与えたモノが思いつくだろう。そうではなく、ここでテーマアップしたいのは、それら要素のつながりだ。要素を挙げ尽くし、各要素の因果関係を整理できているかどうか。

ここで私の考えを述べよう。これまでに多くのM&A事例を見て・聞いて・実際に関わってきたが、私は、ポストM&A成功に影響を与える要素は7つに集約できると考えている。そして、それら要素間のつながりについても整理したのが下図である。どのようなポストM&A成否事例も、この図で説明できる。

ポストM&A成功の7要素

(著者作成)