池澤あやかの「M&Aって、ホントはどうなの?」|ストライク・荒井邦彦社長に聞く 

alt
ストライクの荒井邦彦社長(左)を池澤あやかさんが直撃

最初のお客さまに、学ばせてもらいました

池澤   そもそも荒井社長は、なぜM&Aで起業しようと思われたのですか。

荒井   小学校の卒業文集に「社長になる」と書いたくらいです。ただ学生だった30年前は、学生起業をする人はほとんどいませんし、いきなり起業する自信もなかったので、起業前に何か仕事をしなければと思って選んだのが会計士でした。私が担当するクライアントの一つにM&Aを積極的に取り入れている会社がありました。当時はM&Aは一般的ではありませんでしたが、実際の取引を目の当たりにすると、駆け引きも含めてダイナミックで、“知的格闘技”そのものでした。M&Aで起業するきっかけになりました。

池澤 M&Aのダイナミックさとは、どういうところですか。

荒井   会計士ですからM&Aは学問としては知っていましたが、実地で見ると全然違います。意思決定に伴う心の葛藤があり、そこを乗り越えて事業を売買する中にいろいろなドラマがあり、商業的なスケールも大きい。いろんな要素が入っていて、大きな意義があると感じました。

池澤   起業後、すぐに事業は軌道に乗りましたか?

荒井   最初のお客さまは、埼玉県でビルメンテナンスを手がける年商数億円の中小企業でした。20年以上の業歴を持ち、社員数は20人ほど。経営者は体調を崩して余命宣告を受け、社員のために会社を存続したいとの相談をいただきました。結局1年以上かかりましたが、良い譲渡先が決まりました。交渉の席にいつも同席されていた奥様が、涙を流して喜んでくださいました。

会社の行く末や病気がちのご主人(社長)のことで不安を抱えていらっしゃったのでしょうね。そのとき、はっと気付いたのです。ダイナミックな仕事をしたいという、一種の自分のエゴのような思いでM&Aの仕事を始めましたが、自分の仕事がこれほど人の役に立ち、こんなにも喜んでもらえることが素直に嬉しかったのです。

IT企業とベンチャー系プロレス会社の意外なマッチアップを仲介

池澤    とても感動的なエピソードですね。M&Aには、ベンチャー企業が売り抜ける話とか、そういったイメージが付き纏い、M&Aの現場の話を耳にする機会がないので、もっと伝えていきたいですよね。先ほどは伝統的な中小企業の話でしたが、ベンチャーのM&Aに関するエピソードも教えていただけますか?

荒井    大手IT企業とベンチャー系のプロレス会社のM&Aを仲介した案件は、うちの特色が出た事例と言えますね。そのプロレス会社の社長は、おもしろい試合を見せるコンテンツづくりに絶対的な自信をお持ちでした。ところが、コンテンツをもっと多くの人に観てもらうとか、たくさんチケットを売るとか、グッズを売るとか、そういう商業的な部分は自社の力では難しいと考えていました。

ちょうど、悩んでいる時期に、ライバルのプロレス団体とゲーム会社のM&Aが成立し一気に売上を伸ばしたので、それを見て危機感が大きくなり、「うちの事業を伸ばしてくれる会社と一緒になれないか」と、相談にいらっしゃいました。その話をあるIT企業の社長にお話したら、その社長も格闘コンテンツに魅力を感じていて、スムーズに話がまとまりました。このM&Aを機にプロレス会社は、ITベンチャーの経営リソースを生かして事業を拡大させることができました。

池澤    テック系のベンチャー同士のM&Aは、よく聞きますが、IT企業とプロレス会社のM&Aは意外な感じがしますね。

荒井    一般には、成功したベンチャー企業がほかのベンチャーを買収するパターンが多いように思います。我々はベンチャーだけではなく伝統的な企業とも幅広くお付き合いしているので、ベンチャー同士だけではなく、多様な選択肢から最適な相手をお選びできます。

池澤    ベンチャーと伝統的な企業とのマッチアップや、異業種でシナジーが出るM&Aの案件は、御社のような存在が重要なのでしょうね。

荒井    そうだと思います。やはりベンチャーは、伝統的な企業などとは出会いにくい面もあるため、多様な業界にリーチしている我々が間に入ることで、成功確率を上げられると考えています。

NEXT STORY

「M&A仲介会社」を介することで得られるメリット

「M&A仲介会社」を介することで得られるメリット

2021/01/20

中小企業経営者が独自にM&Aを行うことも不可能ではありませんが、M&A仲介会社など専門家に依頼すれば、手続きの遂行やリスクマネジメントも総合的に支援してもらえるので、M&A全体としての最適化、効率化が実現できます。