みなさん、こんにちは。MAOです。
2月21日(木)に東京・日本橋のベルサール東京日本橋で、東洋経済新報社・ストライク共催のセミナー、「トップリーダーズカンファレンス2019 企業が成長し続ける、経営の本質〜M&Aによる事業承継と成長戦略〜」が開催されました。会場は多くの人であふれ、M&Aに対する注目度の高さがうかがえます。そんな熱気に満ちたセミナー当日の模様をお届けします!

第1部 特別講演「あなたは人生をどう歩むか〜日本を変えた企業家からの『メッセージ』〜」

レノバ<9519>代表取締役会長の千本倖生さんが登壇。千本さんは、DDI(現KDDI)、イー・アクセス株式会社(現ワイモバイル)の創業者としても知られています。今回は、そのおよそ35年にわたる起業家人生から学んだことや稲盛和夫さんとの運命的な出会いについて語ってくれました。

レノバ代表取締役会長の千本倖生さん

海外経験が豊富な千本さんらしく、まずは米国で注目されるキーワードのひとつ、「連続起業家(Serial Entrepreneur /シリアルアントレプレナー)」という言葉を紹介。「米国ではシリアルアントレプレナーの方が大企業の社長よりも高い評価を得られる」と語る千本さん。彼らはゼロから会社を作り上げ、ある程度大きく成長したらM&AやIPOを行ってイグジットして、また別の会社を立ち上げることを繰り返しているといいます。

さらに千本さんがハーバード大で何度か講義をした際に発見したのが、成績の良い学生たちは皆、自身で会社を起こすアントレプレナーだったということ。いま米国では、シリコンバレーだけでなく、ニューヨークやテキサス・オースティン、シアトル、ノースカロライナなど、各地で起業が盛んで、いたるところで起業文化が広まっているのだそうです。

「世界に一歩出てみれば、社会に新しいことやイノベーションをもたらすことをやろうとしている人が最も尊敬され、評価される存在だ」と千本さんは言います。

千本さんの起業家人生は、まさにシリアルアントレプレナーです。日本電信電話公社(現NTT)に勤める中、米国留学でフロンティアスピリットの偉大さを痛感。世界の中で日本の通信が圧倒的に遅れていることに危機感を抱き、自身がスピーカーを務めた講演会で知り合った稲盛和夫さんと共に DDIを立ち上げます。その後、携帯電話事業、ブロードバンド事業、そしてスマホ事業と次々と事業を展開していきました。

傍目には順調な起業家人生を歩んできたように見えますが、たくさんの失敗や問題もあったとのこと。そんな時、支えになったのが稲盛さんの言葉だったそうです。「『筋のいい事業ならば、石にかじりついてでもやり抜け。あきらめた時、それが失敗だ』。この言葉は私の人生を貫く指針になっている」と千本さんは振り返ります。 

最後に、新しい事業を行う上で必要なことを教えてくれました。アントレプレナーを目指す人はぜひ参考にしてみてください。

<新しい事業を行う上で必要なこと>
・メガトレンドを少しでも早く見つける
・優れたマネジメントチームをつくる
・徹底的に準備する
・リスクをとって実行する(ただし、やみくもに何でもやるのはNG)
・私利私欲をできる限り排除する(社会に役立つのか?顧客のためになるのか?)
・執拗にやりきること、ガッツ