池澤あやかの「M&Aって、ホントはどうなの?」|ストライク・荒井邦彦社長に聞く 

alt
ストライクの荒井邦彦社長(左)を池澤あやかさんが直撃

“プログラムができるタレント”としてテレビやネット、テック企業などでマルチに活動する池澤あやかがベンチャー・スタートアップ経営者に向けて、業界のキーマンにM&Aについて本音を聞く連載インタビュー企画。初回はM&A仲介大手で、M&A Onlineの運営会社でもあるストライクの創業者、荒井邦彦社長です。

エンジニア目線で「M&Aとは何か」を伝えたい

池澤    はじめまして池澤です。正直、M&Aについて、わからないことだらけですが、M&Aとはどういうものなのか、読者の皆さんに伝えていきたいと思っています。

荒井    池澤さんはタレントをされながらエンジニアとして活動されているそうですね。今回の企画はベンチャー・スタートアップがターゲットなので、現場を知っている上に、タレントとして発信力がある池澤さんには、とても期待しています。池澤さんはM&Aにどのようなイメージを持っていますか?

池澤    私の周りでは学生時代に起業した人が会社を売却して新規事業を始めたり、自社開発したサービスを売却したりする話が多かったので、ベンチャーにとってのM&Aは、IPO株式公開)と並ぶエグジットの手段というイメージがありますね。

荒井    スタートアップやベンチャーの人たちは、M&AとIPOを比較する傾向がありますが、それは比較するべきものではないと思っています。確かにM&Aで売り切れば「エグジットした」と言われますが、IPOエグジットではないと思います。IPOしたら基本的に経営者は株を売りにくいし、結果にコミットしないと責められますからね。人様のお金を預かって会社を伸ばす責任を負うことは、相当重いものです。だから、IPOエグジットではなく、さらなる成長へのエントランスだと思います。

ストライクの荒井邦彦社長

人の群れを結びつけ、経済的な豊かさを生むことがM&Aの本質

池澤    そうすると、M&Aはエグジットの手段ということになるのでしょうか?

荒井    会社という組織は群れをつくり、協力し合うひとつの小さな単位です。この別々に存在する群れ同士を結び付けるのがM&A。互いの得意なものを出し合うことで、生産性や収益性が高まるのです。その結果、働いている人に多くの報酬で報いることができ、消費者に高品質な商品・サービスをより安く提供することができます。そこに関わる人たちを経済的に豊かにしていくことこそ、M&Aの本質だと思っているのです。「要領よく高く売り抜けた」みたいな話とは、根本的に違うということです。

池澤   M&Aというと、会社の売り買いといった面が注目されるため、私たち一般はとかく偏ったイメージを抱きがちです。

インタビューする池澤あやかさん

荒井    私も最初からそんな立派な考えを持っていたわけじゃありません。若い頃は、楽しい仕事がしたい、心ときめく仕事がしたい、それだけでしたから(笑)。そういう時期も否定しません。そういう人たちも、失敗を糧にチャレンジを続ければ、いつか本質に気付くと思います。ある程度失敗も許容しなければスタートアップは育たないというのが持論です。 

NEXT STORY

「M&A仲介会社」を介することで得られるメリット

「M&A仲介会社」を介することで得られるメリット

2021/01/20

中小企業経営者が独自にM&Aを行うことも不可能ではありませんが、M&A仲介会社など専門家に依頼すれば、手続きの遂行やリスクマネジメントも総合的に支援してもらえるので、M&A全体としての最適化、効率化が実現できます。