みなさん、こんにちは。MAOです。 6月27日に東京・丸の内の東京国際フォーラムで、日刊工業新聞社・ストライク共催のセミナー「経営者のためのM&Aによる新・成長戦略セミナー」がありました。会場には多くの経営者が訪れ、熱心に講演に聞き入っていました。そんなセミナー当日の模様をお届けします。

第1部M&Aによる新成長戦略と活用事例紹介

第1部ではストライクの荒井邦彦社長が、M&Aによる成長戦略と具体的な事例を紹介しました。荒井社長はまず日本の企業が2018年に行ったM&Aが約3800件で史上最高を記録したこと。さらに1989年のバブルのピーク時でもM&A件数は年間600件ほどだったため、この30年で6倍になった現状を紹介。

そのうえで、M&Aが増えてきた理由として二つの要因を挙げました。一つは借金をしていない上場企業が増えており6割に達している点。モノを作っても売れないため工場などへの投資が減った一方、利益は出ているため預金が溜まっていくという構造になっているそうです。

ここに金融緩和が加わり、企業としては資金調達が非常にやりやすくなっているため、多くの企業がM&Aによって成長していこうとしていると分析しました。

M&Aが増えているもう一つの要因は後継者問題。30年前の経営者の平均年齢が52歳だったのが、今は60歳になっており、経営者が高齢化しています。これに加え価値観も変わってきており、身内が後を継ぐ割合が20年前は8割だったのが、今は5割に下がっているそうです。この二つの要因によってM&Aが増えてきたといいます。

ストライクの荒井邦彦代表取締役社長

荒井社長はこうした現状を踏まえ、全国展開する際に各地の同業者を繰り返しM&Aすることで成長した企業や、新規事業に参入する際にM&Aを活用した企業の事業構造や成長過程などを詳しく紹介。M&Aを成長戦略に組み込むのは1社のM&Aだけではなく、繰り返しM&Aを実施する必要性を強調しました。

まとめとして買い手にとって重要なポイントは①希望条件を狭くしすぎない、②小さく始めて大きく育てる、③買収してからが本番と心得る、④一つのM&Aで満足しないこと、⑤買収しないリスクも考える-の5点を挙げました。

また、いい会社を買収するために必要なこととして①能動的な活動、②安定的な経営基盤、③豊富な資金力、④素早い決断―の4点を挙げました。

最後に資金面、人事面で後ろ盾となってくれる企業の傘下に入って、継続して社長として残り、企業の成長を目指している経営者の事例を紹介し「成長戦略というと買う方ばかりに頭がいくが、新しい株主さんの持っている経営資源をうまく利用させてもらって成長するという考えもある」と締めくくりました。