「経営者個人に頼っている企業は売れない」

「M&A アドバイザーは誰が幸せになるためにM&A をするのかを深く考えなければならない」 

経営者とM&A アドバイザーに苦言

経営者とM&A アドバイザーにこう苦言を呈するのは「中小企業のためのM&A 戦略 損をしない会社売却の教科書」の著者である江野澤哲也さん。

ジーアシストの代表取締役である江野澤さんは、企業の顧問として企業価値の向上に取り組むとともに、後継者のいない中小企業経営者を対象に、企業価値を高めてもらえる引き継ぎ先企業を探し出す活動を展開している。 

こうした経験から近年のM&Aの傾向として、後継者不在のほかに、身内はいるが自己株の評価が高すぎて渡すことができないケースや、身内に引き継いだとしても1社で生き残っていけないという危機感などを理由に、M&Aに踏み切る企業が増えているという。 

日本の人口が減る中で、成長の絵が描けないため、江野澤さんは「この傾向は今後も強まっていく」とみる。

M&Aが成立すればそれでおしまいではないと説く江野澤さん

ただ、こうした問題を解決する手段としてM&A を考えた場合、M&A が必ずしも有効ではないとも言う。その理由は経営者が作り上げた企業が組織になっておらず、「経営者個人に頼っている企業は売れない場合が非常に多い」からだ。

さらに「いろんな業界の人がM&A アドバイザーと名乗って仕事を始めだした今は非常に危険な状態にある」と危惧する。 

「経営者が抜けたら価値がなくなるようなM&A はやるべきでない」との考えが根底にあるためで、売り手も買い手も従業員もみんなハッピーになれるM&Aを目指すべきだという。

M&AアドバイザーはM&Aが成立すればそれでおしまいではなく「何のために、誰が幸せになるためにM&A をするのかを深く考えなければならない」と説く。

文:M&A online編集部