ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【GMOインターネット】オーガニックとM&Aグロースで一大グループ企業へ

alt
※画像はイメージです。

 また、同社は資本市場を上手に使いこなしているのも特徴だ。株式公開時に39億円を調達したのを含め、公募、第三者割当で合計254億円を調達している。新規公開時にエクイティファイナンスを行ったものの、その後、資金の有効活用ができずにIPOが最後のエクイティファイナンスとなっている企業も多いが、GMOは上場していることをフル活用しているといえるだろう。

■GMOが行った増資による資金調達

年月 内容 金額
1999.8 株式公開に伴い、公募増資 39億円
2000.6 公募増資 29億円
2006.12 熊谷正寿社長に対し、第三者割当増資 76億円
2007.6 Lehman Brothers Commercial Corporation Asiaに対し、第三者割当増資 50億円
2007.12 ヤフーおよび熊谷正寿社長に対し、第三者割当増資 59億円
合計 253億円

NEXT STORY

【今週のピックアップ】アメリカ最新派遣M&Aレポートと 日本の人材派遣企業動向

【今週のピックアップ】アメリカ最新派遣M&Aレポートと 日本の人材派遣企業動向

2016/04/16

昨年9月、労働者派遣法が改正され物議を醸している。「一般労働者派遣」と「特定労働者派遣」 の区別なく派遣期間が最長3年までなった。この改正によって、働き方や派遣業に変化が起こるのは必至の情勢だ。方やアメリカではどうなっているのか、興味深いレポートが寄せられた。その他人材を扱う企業の動向をまとめた。

関連のM&Aニュース